文楽 木版 絵はがき集 斉藤清二郎
三段目 足利館 殿中刃傷 でんちゅう にんじょう
仮名手本忠臣蔵
 かなでほん ちゅうしんぐら
塩谷判官切腹の段
「塩谷判官 えんやはんがん
 人形首(かしら)検非違使(けんびし)
「薬師寺次郎衛門
やくしじじろうざえもん
 人形首(かしら)陀羅助(だらすけ)
仮名手本忠臣蔵 四段目 塩谷判官切腹の段 舞台大道具
四段目 判官切腹
忠臣蔵 殿中
舞台懐古
 ○○種のうち
このところ
竹本大隅大夫

鶴澤道八
よし田栄三
師直
仮名手本忠臣蔵 三段目 足利館 殿中刃傷の段 舞台大道具
肉筆
「高師直 こうのもろのお
 人形首(かしら)大舅(おおじゅうと)
「高師直 こうのもろのお
 人形首(かしら)大舅(おおじゅうと)
足利館 殿中刃傷の段
  








「大星由良助 おおぼしゆらのすけ
 人形首(かしら)孔明(こうめい)
高師直
 カット 原画
「塩谷判官 えんやはんがん
 人形首(かしら)検非違使(けんびし)
鮒 だ 鮒 だ
フナだフナだ