モナコ・モンテカルロ

グリュン スカラ座のレビュー
(1902)

カッピエルロ フルニエキュラソー
(1921)

グリュン BYRRH薬用酒
(1907)

アイススケート場(1893)

薬用トローチ(1895)

ミュゼ・グレヴァン(1892)

グリュン ヘロルド印刷所(1908)

コラン
タバランダンスホール
(1928)

ジュール・シェレ
(Jules Cheret 1836-1932)

花の祭典(1890)

パル クレマン自転車
(1894)

マリアーニ・ワイン(1894)

オランピア劇場(1892)

シェレの美女
 19世紀末は「ポスターの黄金時代」といわれます。パリではポスター広告塔だけでなく建築現場の囲いなどがポスターのために利用され、ポスター画家や広告主はいかにポスターを目立たせるかデザインと色に工夫を重ねていました。
 そのなかで最も成功したのが"ポスターの父"ジュール・シェレ
(Jules Cheret 1836-1932)です。いちはやくカラー・リトグラフの技術を確立したシェレはアイキャッチャーに赤・黄・青など原色の女性を動きのある大胆な構図で描き、街行く人の目をひきました。奔放に踊る女性は"シェレの美女"と呼んでパリじゅうで人気になりました・
 鮮やかな原色の女性で目を引く"シェレ・スタイル"ポスターは当時だけでなく現代にまで受け継がれています。

カッピエルロ
クラウスチョコレート
(1903)

もどる