「スラヴ菩提樹の下での若者たちの誓い」
(部分)
「スラヴ菩提樹の下での若者たちの誓い」
スラヴ叙事詩
チェコ時代 へ

スラヴ叙事詩展

 ハープを奏でる少女のイメージは、チェコの人たちには中世の吟遊詩人ルミールとかさなります。 スメタナの連作交響詩 「わが祖国」 もルミールを連想させるハープの響きで始まります。 ミュシャは、1926年にヴルタヴァ (モルダウ) 川の中の島で催した歴史ページェント 「スラヴの兄弟たち」 の冒頭にもルミールを登場させています。 下左のコンテはその時のものです。
 また、「スラヴ叙事詩」 のこの少女は、太陽を表す 「金色の巻き髪の少女」 を伴っているというスヴァントヴィト神をスラヴの人たちには連想させます。 実際、ミュシャの 「スラヴ叙事詩展ポスター」 では、ハープを弾く少女と結びつけるようにスヴァントヴィトの神像を描いています。

雑誌「ルミール」 のタイトル

野外劇 「スラヴの兄弟たち」 のコンテから 1926年

「ルミールとニンフ」(部分) 1882年

モデルはミュシャの娘 ヤロスラヴァ
背景の絵は、スラヴ叙事詩の 「オタカルU世」
 

もどる






チェコ時代 へ