メートル×メートルの巨大な連作
 18年かけて制作した『スラヴ叙事詩』が1928年に完成して、大作20点の展覧会がプラハとブルノで開かれました。 展覧会を告知するポスターですが本紙にはタイトルがありません。 絵の下に 「スラヴ叙事詩展、絵で見るスラヴの歴史」 の文字と展覧会の会場と会期を知らせる文字部分を貼りあわせて掲示しました。
太陽の少女
 ハープを奏でる少女はスラヴ叙事詩の中の 『スラヴ菩提樹の下で宣誓する青年たち』 に描かれている少女です。
 古代の吟遊詩人ルミールを思い起こさせる少女の後ろには、過去・現在・未来をあらわす3つの顔を持ち角の杯と剣を手にしているスラヴの神「スヴァントヴィト」がいます。
 スヴァントヴィトは古代では戦争の神でしたが中世頃からは善の全能の神に変化して希望の神になりました。 「金の巻き髪の少女を連れている」とされ、少女の金髪は太陽を象徴しています。
 ミュシャはスヴァントヴィト神をチェコの未来の希望のシンボルとして『南西モラヴィア宝くじのポスター』 などさまざまな作品に登場させています。
チェコ国民の宝に
 
ミュシャは、親チェコ・親スラヴ派のアメリカ人チャールズ・クレイン(Charles R. Crane 1858-1939)の援助を得て制作した『スラブ叙事詩』20点をプラハ市に無償で寄贈しました。
 ミュシャの計画は達成できたものの、『スラヴ叙事詩』が完成したときチェコスロヴァキアは悲願の独立をはたしてすでにチェコ史上で最も幸せな時代を迎えていました。美術の世界も20世紀の表現主義や抽象画の時代に移っており、当時のチェコの人たちは時代遅れの巨大壁画に当惑しもてあましたのです。
 しかし、その後チェコスロヴァキア共和国はナチス・ドイツに解体されて占領されます。第二次大戦後もソヴィエトによる共産党支配の圧政が続き50年にわたって歴史の荒波に押し流される経験を経てミュシャのメッセージはチェコ国民の心に深く響きわたります。

日本から
 1989年11月、ミュシャの没後50年に日本で『スラヴ叙事詩』のうちのスラヴの春をテーマにした作品を展覧しているちょうどその時に、「ビロード革命」を経てチェコは自由をとり戻します。(福岡市美術館で『ステファン・ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位』を展示中で、チェコ文化省、プラハ国立美術館の関係者が来日中でした。)
 革命の混乱が落ち着きはじめた21世紀になって、ようやくチェコ国民は時代を越えて語りかける『スラヴ叙事詩』のメッセージに耳を傾けるようになり、それまではあった時代錯誤、誇大妄想といった批判から変化して「チェコ国民の宝」との認識が広がり始めたのです。

チェコ時代 へ

チェコ時代

スラヴ叙事詩展のポスター
チェコでの『スラヴ叙事詩』再評価のきっかけにもなった日本のミュシャ展『スラヴ叙事詩』の展示(1989-1990年)
ヤロスラヴァ
スラヴ叙事詩展 カタログ
ルミール

『スラヴ叙事詩展のポスター』
プラハ展 1928年(左)、ブルノ展 1930年(右)

Click !
Click !
Click !

スヴァントヴィト神像。
希望の象徴である"金色の巻き髪の少女"をともなっている。
『スラヴ叙事詩展』(左 1928年 部分)
『南西モラヴィアの宝くじ』(右 1912年 部分)

もどる




『スラヴ叙事詩』 入口

Click !

スラヴ叙事詩

ヒヤシンス姫

モラヴィア教師合唱団

ブルノの南西モラヴィア宝くじ

イヴァンチッツェノ地方展

チェコスロヴァキア YWCA

ロシア復興

ヴルタヴァの野外劇

1918−1928

フォノフィルム

スラヴ叙事詩展

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス

第6回ソコル大会

Click !
チェコ時代 へ

もどる









モデルのヤロスラヴァ

スラヴ叙事詩展の展覧会カタログ

スラヴ叙事詩展
リトグラフ 1928年