スラヴ叙事詩

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス

"聖母子"と"ピエタ"
 幼子イエスを抱く 聖母マリア を思わせるポスターは 「ロシアは救われなければならない」 とラテン語で呼びかけています。
 ロシアでは、1917-18年年の革命後も内戦の混乱が続いて経済が破綻したため、ロシア救援の活動が党派を超えて国際的に呼びかけられました。
 抱かれている幼児は救援を待っている子どもたちであり、同時に4才の新生ロシア
(後のソビエト連邦)をあらわしています。幼児が腕をだらりと下げているのは、眠っているのではなく 死んでいることをあらわす絵画表現(腕の状態によって眠りと死を描きわける西洋絵画の約束事)です。このポスターが"聖母子"だけでなく"ピエタ" (十字架で死んだイエスの遺体を抱いて悲しむ聖母マリアの像) を思い起こさせるため、欧米キリスト教圏の人々に強く訴えかけます。(ミュシャの「ロシア復興」と同じく、幼子イエスが手をだらりと下げて"ピエタ"を思わせる"聖母子像"には、パルミジャニーノの「首の長い聖母」があります。)
誰にもわかるように
 ミュシャは、どの国でも理解できるように、「聖母子」 と 「悲しみの聖母」 のダブル・イメージでポスターを描き、キリスト教世界共通の古典語ラテン語でロシア救済を訴えました。この呼びかけにこたえて、アメリカが食料船を送ったのをはじめ、ロシア農民救援の募金運動が世界各国で広がり、さらにロシアとドイツの国交が回復して、イギリス、イタリア、中国、日本などがソビエト連邦を正式に承認するきっかけにもなりました。

聖母子 1891年

幼子を抱くチェヒア
「ハーモニー」から(部分) 1908年

スラヴ叙事詩 入口

Click !

ヒヤシンス姫

モラヴィア教師合唱団

ブルノの南西モラヴィア宝くじ

イヴァンチッツェノ地方展

チェコスロヴァキア YWCA

ロシア復興

ヴルタヴァの野外劇

1918−1928

フォノフィルム

スラヴ叙事詩展

第6回ソコル大会

「なでしこの聖母子」1508年頃
ラファエル(1483-1520)
ナショナル・ギャラリー・ワシントン蔵

「ピエタ」1500年頃
ミケランジェロ(1483-1520)
ヴァティカン美術館蔵

「首の長い聖母」1535年頃
パルミジャニーノ(1503-1540)
ウフィッツィ美術館蔵

チェコ時代 へ
チェコ時代 へ

もどる






チェコ時代

ロシア復興
リトグラフ 1922年