10歳の少女
 第1次世界大戦終結間近の1918年10月28日、チェコスロヴァキア共和国が誕生しました。300年にわたるハプスブルク・オーストリアの支配からの独立です。
 独立10周年を祝うポスターの少女は10歳になったチェコスロヴァキア共和国です。パリ時代に比べてチェコスロヴァキア時代のミュシャ・ポスターの多くには少女が登場し、たいていはチェコスロヴァキア、モラヴィア、プラハやスラヴ民族を少女の姿で象徴しています。
 少女の後ろから青いガウンの女性が祝福の花輪をさしかけています。スラヴ菩提樹の葉を頭に飾る女性は、スラヴ民族の理想を女性の姿で表現するスラヴィアで、ここではスラヴ民族を表しています。ガウンの青い色にはスラヴ民族は一つというメッセージが込められていますが、同時に青いガウンは聖母マリアの象徴なので、幼子イエスをまもるマリアのイメージと重なります。
花輪の意味
 ミュシャ・スタイルの特徴である円形の装飾はスラヴ民族連帯の運動"ソコル"のシンボルであることが多いですが、ここでも花輪は"ソコル"をあらわしています。
 花輪は下の部分が未完成で完全な輪になっていません。しかし、花輪の欠けたところに少女がぴったりおさまるように描かれており、チェコスロヴァキアがスラヴ民族の連帯の重要な役割を担うことを示しています。それとともに、5つの地域、民族で構成するチェコスロヴァキアの団結、連帯をもうながしています。
 白、黄、赤、青に単純化されたポスターの色彩は、チェコおよびスラヴの歴史を象徴するミュシャの表現です。
5つの紋章
 少女の額には1918年に独立したチェコスロヴァキア共和国の5つの地域の紋章のヘアバンドがあり、
左からシュレジエン(ワシ)、スロヴァキア(十字架)、ボヘミア(ライオン)、モラヴィア(ワシ)、ルテニア(クマ) を表します。
 独立10周年を祝うポスターです
が、同時にスラヴの歴史を表現しスラヴ民族の連帯を呼びかけるなどミュシャはチェコスロヴァキアの大切なメッセージを込めてこのポスターを描いているのです。

スラヴ叙事詩

聖母マリアは、赤いドレスに青いガウンをまとった姿で描かれることが多い。赤は"慈愛"を、青は"悲しみ"をあらわすといわれるが、三原色の赤・青・黄はたがいの色を目立たせる効果があり、画面構成を単純化しわかりやすくする。隣接して黄色が用いられることもよくある。
 左 「美しき女庭師の聖母」(部分) ラファエロ(Raffaello Sanzio 1483-1520) ルーヴル美術館
 右 「受胎告知」(部分) レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci 1452-1519) ウフィッツィ美術館

ヒヤシンス姫

モラヴィア教師合唱団

ブルノの南西モラヴィア宝くじ

イヴァンチッツェノ地方展

チェコスロヴァキア YWCA

ロシア復興

ヴルタヴァの野外劇

1918-1928

フォノフィルム

スラヴ叙事詩展

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス

第6回ソコル大会

チェコ時代 へ

もどる






スラヴ叙事詩 入口

Click !

チェコスロヴァキア共和国時代の
国章切手

左から
 ワシ ・・・ シュレジエン
 十字架 ・・ スロヴァキア
 ライオン ・・ ボヘミア(チェコ)
 ワシ ・・・・ モラヴィア
 クマ ・・・・ ルテニア

ホップ(ビール)とブドウ(ワイン)、小麦やキノコ、花などでチェコスロヴァキアをあらわしているが、ルテニアの国章は描いていない。

現在のチェコ共和国国章
1993年に分離したスロヴァキアの紋章はありません。 

スロヴァキア共和国 国章切手(左)とルテニア(カルパティア・ルテニア)の国章(右)
ルテニアは1939年に独立して「カルパト・ウクライナ共和国」になりましたが、わずか3日でハンガリーに併合されて消滅しました。
現在はウクライナ共和国に含まれています。

チェコスロヴァキア共和国時代の国章
(チェコ 国会議事堂)

「1918-1928 チェコスロヴァキア独立10周年」(1928年)
ヨゼフ・ラダ( Josef Lada 1887–1957)

チェコ時代 へ
リトグラフ  1928年
1918-1928 チェコスロヴァキア独立10周年

チェコ時代