祝祭劇
 オリンピックはソコル大会のやり方をとりいれています。4年ごとの開催、運動競技以外にさまざまな芸術展示をするなどです。1926年のソコル大会では大規模な野外劇を行いました。ミュシャのプロデュースによるスラヴの祝祭水上パレードです

 チェコの歴史と伝説の各場面を象徴する船が次々とヴルタヴァ川
(モルダウ川) を進みストゥジェレツキー島(川の中島)には大じかけの舞台を設けて 観客は両岸から見るという壮大なページェントでした。
 ポスターにはソコルの若者たちを描いています。手前の若者が持つ旗にはソコルのシンボルの鷹
(チェコ語でソコル)がとまっています。中ほどには体操姿の青年を描き背景でスラヴィアが彼らを祝福しています。スラヴィアは普通スラブ菩提樹を頭に飾っていますが ここではチェコ国民をあらわす野の花を飾ってスラヴ菩提樹の葉の輪に囲まれています。
マカルト
 1879年、ウィーンでオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフと皇妃エリーザベト成婚25年を祝う盛大な祝祭パレードがあり ヨーロッパ中の話題になりました。ウィーンに来たばかりの18才のミュシャも行列の壮大さに圧倒されました。
 祝典ページェントの総監督はウィーンで人気絶頂のハンス・マカルト
(Hans Makart 1840-1884)がつとめました。ミュシャは画風だけでなく画家としての生活スタイルなどマカルトから多大な影響を受けており、1926年のヴルタヴァ川の祝祭パレードの計画もマカルトにならったものでした。
大雨で
 祝祭行列は完成間近だった「スラヴ叙事詩」とテーマが共通しています。歴史上の人物に扮する役者、コーラスなど数百人が60隻の船で登場し、巨大なスヴァントヴィト神像や祭壇を設けて8つの場面で構成するページェントを7月3日から6日まで4夜にわたって催す壮大な計画
(4夜にわたる上演など、ちょうど50年前の1876年に全曲初演をしたワグナー(Richard Wagner 1813-1883)の「ニーベルンゲンの指環」を意識した計画と構成)だったのですが、降りだした大雨で急激に川が増水して初日のわずか1時間ほどで中止になってしまいました。ミュシャは祝祭行列の成功でマカルトに並ぶことはできませんでした。
シンフォニエッタ
 ソコル体育協会は1925年に祝祭劇オープニングのファンファーレ作曲をヤナーチェク
(Leoš Janáček 1854-1928)に委嘱したのですが、ヤナーチェクはその時、軍のための曲を構想中でした。ソコル協会からの打診がきっかけになってその曲の冒頭にファンファーレ風の金管合奏を置くことにし、「シンフォニエッタ(ソナタ形式をとらない交響的管弦楽作品)」として完成。1926年6月に国民劇場で初演しました。そのため「シンフォニエッタ」は当初「ソコルの祭典曲」とも「ミリタリー(軍隊)シンフォニエッタ」とも呼ばれました。この曲が村上春樹さんの小説で世界的に知られる"シンフォニエッタ"です。
 余談ですが、ミュシャの息子イジー
(Jiří Mucha 1915-1991)の最初の妻カプラロヴァ―(Vítěslava Kaprálová 1915-1940)は女性作曲家・指揮者で、彼女の代表作「ミリタリー・シンフォニエッタ(1937)」は、ヤナーチェクのこの曲に刺激を受けて作曲されました。

祝福するスラヴィアのデッサン  右は「スラヴィアの母性 Slavia matkám」の挿絵

(左)「フランツ・ヨーゼフ皇帝、エリザベート皇妃成婚25年祝祭パレード」のデッサン(1879) マカルト
(右)マカルトの記念切手 (オーストリア 2011) 
2011年にウィーンのベルヴェデーレ宮でミュシャ展に続いて開催したマカルト展記念切手

ヤナーチェク(左)とカプラロヴァー(右)
チェコの切手

スラヴィア母性の書 挿絵

祝祭劇のスケッチから

もどる




チェコ時代 へ

スラヴ叙事詩 入口

Click !

スラヴ叙事詩

ヒヤシンス姫

モラヴィア教師合唱団

ブルノの南西モラヴィア宝くじ

イヴァンチッツェノ地方展

チェコスロヴァキア YWCA

ロシア復興

1918-1928

フォノフィルム

スラヴ叙事詩展

プラハ聖ヴィタ大聖堂のステンドグラス

第6回ソコル大会

「ヴルタヴァ川の祝祭劇 ―スラヴの兄弟たち―

チェコ時代 へ
スラヴの祝祭劇

チェコ時代

第8回ソコル体育協会祭    リトグラフ 1926年