もどる





ヤン・ジシュカ
「プラハ・ベツレヘム教会でのヤン・フスの説教」

ヤン・ジシュカ  1374-1424

プラハ市民会館壁画 ポストカードから

プラハ市民会館壁画

右か? 左か?

 ヤン・ジシュカはグリュンヴァルトの戦い1410年 ドイツでは タンネンベルクの戦い という) で片目を失い、さらに1421年にラビー城の戦いで矢で射られて残っていた片目も失い全盲のまま軍を指揮し続けたと言い伝えられ、肖像は黒い眼帯の姿で描かれています。
 ミュシャの描くジシュカにも眼帯があります。 しかし、プラハ市民会館壁画とスラヴ叙事詩の「ベツレヘム教会でのヤン・フスの説教」のジシュカは右目なのに「ヴィトコフの戦いの後」では左目に眼帯をかけいます。 どうしたことでしょう? ジシュカはどちらの目を失っていたのでしょう。
 ジシュカは1424年に亡くなりますが、彼を恐れていたカトリック教会は民衆の記憶からジシュカを消し去るために墓や遺物をことごとく破壊しました。
 しかし20世紀になって、ジシュカの墓があったと伝えられる場所から頭蓋骨を含む遺骨が発掘され、1966年の調査でこの人物が幼い頃に左目を失明しており、右目には矢らしいもので射られ引き抜いた痕が確認されました。 ジシュカが子どもの頃に遊びで失明したとする記述
(「シルヴィウスのボヘミア史」) に符合し、ジシュカの遺骨に間違いないとほぼ定説になっています。
 これが正しければヤン・ジシュカはすでにグリュンヴァルトの戦いの前の幼い頃に片目を失明しており、左目に眼帯をかけているのが正しいということになります。 ミュシャがスラヴ叙事詩や市民会館の壁画を描いた当時は、遺骨が発見されて話題にはなったもののはたしてジシュカのものと確認されていませんでした。 ミュシャは伝説やイラーセクの記述などによってジシュカの姿を描いたと想像されます。
 ジシュカはモラヴィア遠征中の1424年にペストにかかって死んだといわれていましたが、ヨーロッパでペストが猛威をふるったのは主に14世紀で、ジシュカはペストではなく腫れ物の病気で亡くなったことが今ではわかっています。
 

グルンヴァルトの戦い

ヤン・ジシュカ
「ヴィトコフの戦いの後
ヤン・ジシュカ
チェコスロヴァキア軍隊の日切手
(1952年)
肖像の下にあるのはジシュカ時代の武器