チェコ時代 へ

スラヴ叙事詩展

モラフスキークルムロフ
二度の修復を経てみごとによみがえった「クオ・ヴァディス」(上)とシカゴで発見された時の状態(下 発見当時の新聞記事から)
モラフスキークルムロフの展示室
非常に厚い壁で護られていることがわかる
モラフスキークルムロフ

 1928年に「スラヴ叙事詩」20点をプラハ市に寄贈したとき、プラハ市内に展示することが条件になっていました。しかし、10年前に独立が実現してチェコ史上で最も幸せな時期にあった当時のプラハ市にもチェコスロヴァキア国民にとっても、題材も表現も時代遅れの「スラヴ叙事詩」は文字どおり"無用の長物"、"お荷物"でしかありませんでした。「30年も前の昔、外国で人気があった"忘れられた画家"の誇大妄想的な巨大絵画」でしかなかったのです。
 それからわずか10年後、チェコスロヴァキア共和国はナチス・ドイツによって解体占領され、第2次大戦後も、ドイツからは解放されたものの、ソヴィエト連邦の影響のもとで共産党一党支配体制に組み込まれて主権を失います。
 チェコスロヴァキアを支配する共産党にとって、ミュシャは社会主義リアリズムにそぐわず、好ましくない画家であり、パン・スラヴィズム
(汎スラヴ主義)的な「スラヴ叙事詩」は、"チェコ国民の自覚を呼び覚まして支配体制を揺るがしかねない危険思想"だったので、国民の目に触れないようプラハ市から遠く離れたモラヴィアの片田舎、モラフスキークルムロフの古城に閉じ込めてしまいました。
 モラフスキークルムロフに閉じ込められてからは、社会主義圏のブルガリアのソフィア、西側の自由主義国ではスイスのチューリヒや日本の東京はじめいくつかの都市
(自由化前には札幌、熊本、福岡で展示)で例外的に展示公開した以外はほとんど忘れられた存在になってしまいました。
 ただ、たしかに「スラヴ叙事詩」は上のような経緯で"閉じ込められていた"のですが、古い城館であっただけに、壁の厚さが1メートルほどもあって蓄熱効果があるため、外気の変化による影響を受けにくく温度湿度が安定しており、作品の保存環境としては現代の建築ではとても望むことができない優れたものでした。
 数メートルもある大きなキャンバスにテンペラで描いた「スラヴ叙事詩」は、変動する温度湿度の影響を受けやすく、展示や移動によほど注意しなければ画面に亀裂がはいったり剥落する危険が常にありますが、モラフスキークルムロフでは建物の環境のおかげでダメージがほとんどなかったのです。そのおかげで2017年の東京展で多くの人たちが間近に観ることができました。
 ミュシャの重要な油彩作品の「クオ・ヴァディス」、「ハーモニー」が、同じように忘れられてアメリカの倉庫に数10年保管
(放置?)されている間に、キャンバスが断裂したり一部欠損するなどの大きなダメージを受けてしまい、展示公開するためには大規模な修復をしなければならなかったことを思うと、"モラフスキークルムロフが「スラヴ叙事詩」を護ってくれた"と言えるかもしれません。

モラフスキークルムロフ
「スラヴ叙事詩」を保管・展示していたモラフスキークルムロフの城館
 
モラフスキークルムロフ

もどる






チェコ時代 へ

「スラヴ叙事詩」を護った モラフスキークルムロフ

「スラヴ叙事詩」展示室
 
「スラヴ叙事詩」展示室