文楽 木版 絵はがき集 斉藤清二郎
阿古屋琴責 あこやことぜめ
壇浦兜軍記 だんのうらかぶとぐんき
阿古屋琴責の段
  








『文楽 ―人形浄瑠璃への招待―表紙
 「国文学 解釈と教材の研究」学燈社
傾城 阿古屋(けいせいあこや)
  人形首(かしら)傾城(けいせい)
岩永左衛門(いわながさえもん)
  人形首(かしら)与勘平(よかんべい)
榛沢六郎(はるさわろくろう)
  人形首(かしら)源太(げんた)
梯子(はしご)
 阿古屋琴責用
そでがらみ
 琴責めの時に飾るもの

 琴責用
胡弓
  岩永火鉢
 火鉢はザルニ紙を貼り金の絵の具を塗ってある

 「文楽小道具写生帳」から
壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段図
「傾城」
 壇浦兜軍記 阿古屋琴責 阿古屋
 鬘かつら 立兵庫(たてひょうご)
秩父庄司重忠(ちちぶのしょうじしげただ)
  人形首(かしら)孔明(こうめい)
水奴(みずやっこ)
  人形首(かしら)端役(はやくけ)