文楽 木版 絵はがき集 斉藤清二郎
古市 油屋 ふるいち あぶらや
伊勢音頭恋寝刃 いせおんどこいのねたば
  








伊勢音頭恋寝刃 古市 油屋の段
提灯(ちょうちん)
 油屋の段で料理人喜助が持って来る
うちわ
 油屋で万野、岩次、北六、お紺などが持つ
 大きさは普通のうちわ型

 「文楽小道具写生帳」から
「藍玉屋北六 (あいだまやきたろく)
 人形首(かしら)三枚目(さんまいめ)
「徳島岩次 (とくしまいわじ)
 人形首(かしら)陀羅助(だらすけ)
女郎 お紺 (じょろう おこん)
 人形首(かしら)(むすめ)
「福岡貢 (ふくおかみつぐ)
 人形首(かしら)源太(げんた)
「仲居 万野 (なかい まんの)
 人形首(かしら)八汐(やしお)
伊勢音頭恋寝刃 油屋の段 舞台大道具図(1893
「御霊文楽座 大新道具帳」 大工棟梁 新吉