文楽 木版 絵はがき集 斉藤清二郎
環の宮明御殿 たまきのみやあきごてん
     袖萩祭文
 そではぎさいもん
奥州安達原 おうしゅうあだちがはら
奥州安達原 環の宮明御殿の段
三味線手(しゃみせんで 右手、左手)
 壺阪沢市(壺阪観音霊験記)
 堀川
おつる(近頃河原達引)
 阿古屋
(壇浦兜軍記)、袖萩(奥州安達原) などに用ゆ

琴手(ことで)
 朝顔(生写朝顔話)
 阿古屋
(壇浦兜軍記)
 雛絹
(八陣守護城)
 信夫
(競伊勢物語) などに用ゆ
浜夕 はまゆう
  人形首(かしら)時代の婆(じだいのばば)
菅原伝授手習鑑 道明寺 覚寿
奥州安達原 環の宮明御殿 妻浜夕
   鬘 白の切髪
(きりかみ)
   五代目 吉田兵吉旧蔵
文楽 木版絵はがき集 たとう紙
袖萩祭文
  








瞽女 袖萩 (ごぜ そではぎ)
 人形首(かしら)老け女形(ふけおやま)
浜夕 (はまゆう)
袖萩の母、平{{杖直方の妻

 人形首(かしら)(ばば)
お君 (むすめおきみ)
 人形首(かしら)娘の子役(むすめのこやく)