チェコ時代 へ

画家の息子
 「スラヴ菩提樹の下で宣誓する青年たち」にはミュシャの娘ヤロスラヴァとともに息子イジー
ミュシャ Jiří Mucha 1915-1991が描かれています。Jiří Mucha はチェコ語でイジー・ムハと発音します。Jiriを英語読みしてジリと呼ぶこともあります。実際私たちも親しみを込めてジリさんと呼んでいました。Jiří Mucha はフランス、イギリス、日本などで国際的に活躍していましたが、なんといってもチェコで広く知られ、尊敬されていました。著作のほとんどもチェコ語で書いてチェコで出版されており、チェコPENクラブ、著作家・編集者協会の会長もつとめていたことなどから、このサイトではイジー・ムハと呼ぶことにします。
 今日、私たちがアルフォンス・ミュシャの作品を楽しむことができるのはイジー・ムハの研究と収集のおかげです。
 たびたび来日し、ミュシャ・コレクターの土居君雄さん
(1926-1990)と協力してミュシャの普及につとめました。ドイコレクションの充実も日本でこれほどミュシャが知られるようになったのもイジー・ムハと土居君雄さんの活動のたまものです。
ジャーナリスト、作家、詩人、さらに
 1915年にプラハで生まれたイジーは「スラヴ叙事詩」アトリエのズビロフで父の制作を見ながら育ちます。ミュシャは息子が画家になることを望んで絵筆を持たせた写真を撮り油彩の肖像画も描いています。しかし絵画よりも文筆に才能があったイジーはパリでジャーナリストとして活躍をはじめます。
 第二次大戦中はロンドンでBBC
(英国放送協会)の報道員また空軍将校の立場でチェコスロヴァキア亡命政府に協力していました。戦後はプラハに戻り母マルシュカ(Maruska Muchová 1882-1957)と暮らしていましたが、1948年にチェコスロヴァキアが共産党の一党支配体制になるとイジーのロンドンでの活動にスパイ行為との嫌疑をかけられ1951年から56年まで6年間投獄されました。釈放後イジーは投獄前から母とともにはじめていた父の作品の再評価のために出版・収集などの活動に精力を注ぎました。その中で日本人コレクターの土居君雄さんと終生の親交をむすびドイコレクションの充実とともに各地でミュシャ展の開催、世界で初めてとなるミュシャ美術館を実現させるために土居君雄さんと二人三脚で活動しました。
音楽とともに
 父と同じく音楽を愛したイジーにはマルティヌー
(Bohuslav Martinu 作曲家 1890-1959)、フィルクシュニー(Rudolf Firksný ピアニスト 1912-1994)ヨゼフ・パーレニーチェク(ピアニスト、作曲家 1914-1991)クベリーク(Rafael Kubelík 指揮者 1914-1996)など音楽家たちとの交流がありました、最初の妻のヴィーチェスラヴァ・カプラロヴァ―Viteslava Kaprálová 1915-1940)も天才的な作曲家、指揮者として嘱目されていました。イジーと同年に生まれたヴィーチェスラヴァは残念なことに結核のため25才で亡くなりましたが現在も世界中で高く評価されています。
父とともに
 イジー・ムハは土居君雄さんが亡くなった半年後の1991年にプラハで亡くなりました。
 詩人、作家としてだけでなくチェコ・ペンクラブ
(著作家・ジャーナリスト・編集出版界の国際会議。日本では川端康成、井上靖らが会長をしていた。現在は浅田次郎会長)の会長をつとめ、1989年のビロード革命(チェコスロヴァキアの無血でしなやかな政権移行による自由化)にも寄与するなどチェコ文化に多大な貢献をしたイジーは、チェコの著名な文化人が眠るヴィシェフラッド墓地の父アルフォンス・ミュシャの墓からも近いところに葬られました。。
 イジー・ムハを記念して没後20年の2011年にイジー・ムハの伝記が出版され、プラハでは没後20年の記念集会がありました。
 イジーにはヤルミラ・プロツコヴァー
Jarmila Mucha Plockováá 1950生まれ)という娘さんがいます。画家アルフォンス・ミュシャのただ一人の孫です。イジーの母マルシュカとそっくりのヤルミラさんはイジーに造形デザイン力を認められ、自身の創作活動とともにアルフォンス・ミュシャがデザインだけのこした作品の現実化を続けています。ヤルミラさんには娘さん、つまり画家ミュシャの曾孫にあたる方が2人います。

ステンドグラス

イジー・ムハ Jiří Mucha 1915-1991
ヴィシェフラッド墓地にあるイジー・ムハ(左)と
アルフォンス・ミュシャ(右)の墓
アルフォンス・ミュシャは父ヤン・クベリークと、
イジーはラファエルと親交があった。

イジー・ムハの母マルシュカ (左 アルフォンス・ミュシャの妻)
イジーの娘ヤルミラ・プロツコヴァー (右 アルフォンス・ミュシャの孫)

イジーの妻で作曲家、指揮者だったヴィーチェスラヴァ・カプラロヴァーの生誕100年を記念するチェコの切手 (2015年)
イジー・ムハ 伝記
表紙
右端がイジー・ムハ
左から ヨゼフ・パーレニーチェク(ピアニスト、作曲家 1914-1991)
ボフスラフ・マルティヌー(作曲家 1890-1959)
ルドルフ・フィルクシュニー(ピアニスト、作曲家 1912-1994)
パリ・リュクサンブール庭園で1938年
写真は、イジー・ムハ著「奇妙な結婚」から

もどる








チェコ時代 へ

イジー・ムハと土居君雄さん
ドイフォトプラザ渋谷ミュシャ展会場1983年頃

絵筆を持つイジー 10才頃