偶然の機会に描いたサラ・ベルナールのポスターが大評判になり、一夜にしてパリ中でもっとも有名な画家になったという“伝説”を持つアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は豊かな才能を持って生まれ その才能を遺憾なく発揮するチャンスにも恵まれた 世紀末の幸運児といわれています。彼ほどのラッキーボーイはないと今なお羨望の的です。
 しかし本当にそうだったのでしょうか? 本当にミュシャは幸運に恵まれて生涯を送ったのでしょうか?
圧政下のチェコに生まれる
 ミュシャの祖国チェコは1620年以来300年近くにわたってハプスブルグ家オーストリア帝国に支配されていました。厳しいゲルマン化政策のため当時のチェコ公立学校ではドイツ語による教育が行われ、チェコ文化もチェコ語も劣ったものとされていました。そのような時代にミュシャは片田舎の町イヴァンチッツェの貧しい家庭に生まれました。
ウィーンの工房を解雇され、放浪生活へ
 歩き始める前から絵を描いていたといわれ幼いときから絵の才能を発揮していたミュシャは18才でプラハの美術学校進学を希望しますが「才能がない」という理由で入学はかないませんでした。父親の援助で裁判所書記に採用されたものの裁判記録に絵を描いてクビになり、せっかく得た職も失ってしまいます。
 
新聞広告で知ったウィーンの劇場大道具工房"カウツキー・ブリオシ・ブルクハルト"に就職、仕事をしながら夜間の絵画教室に通って勉強していました。ところが2年後にリンク劇場が焼失して工房の仕事がなくなり、一番若いミュシャは真っ先に解雇されました。
 失意のミュシャは故郷に帰ることもできず南ボヘミアの田舎町で似顔絵描きなどしながらあてもなく放浪していたところ後にパトロンになる貴族クーエン=ベラシ伯爵と出会いました。
学費の援助が途絶えて挿絵画家となる
 伯爵の城館での絵画修復や制作が認められ学費と生活費の援助を得てミュンヘン、続いてパリのアカデミーで勉強する幸運に恵まれたものの、1889年に突然伯爵からの援助が打ち切られてしまいました。
 ミュシャは生活のためにやむなく書籍や雑誌の挿絵・表紙などの仕事をはじめました。挿絵の仕事を始めて1年もたたないうちに緻密なデッサンと 緊張感ある画面構成が注目され、ミュシャはフランス最高の挿絵画家と肩をならべて評価されるようになります。
しかし、生活は楽ではありませんでした。
クリスマス休暇もなく
 1894年の暮、クリスマス休暇をとる余裕のないミュシャは友人カダールに代わってリトグラフ印刷所で彼の仕事の仕上げをしていました。その時印刷所に大女優のサラ・ベルナールからポスターの依頼が舞い込んできたと言われています。クリスマス休暇で有力な画家たちは誰もいないので仕方なく印刷所長はたまたまそこに居合わせたポスターの経験がないミュシャに描かせました。
 その頃の流行とは違うミュシャの風変わりなデザインに印刷所長はサラ・ベルナールに断られるに違いないと なかばあきらめながらポスターの下絵をサラに見せました。
ところが意外にも彼女が気に入ってくれホッとしながら印刷したところ、パリの街にポスターが貼り出されると同時にパリ中で大評判になったのです。このポスターはミュシャとサラ・ベルナール、2人の芸術家に幸運をもたらしました。

 肖像画の失敗

 ポスターの成功をきっかけにミュシャはアール・ヌーヴォーの中心的な画家として世界中で注目されデザインの注文が殺到するようになりました。
 しかし自分自身ではアール・ヌーヴォーの画家と考えていなかったミュシャは、「芸術を通して祖国に貢献したい」との夢をいだいてライフワークの「スラヴ叙事詩」制作の資金を得るためにアメリカに渡りました。

 上流社会の人々の肖像画を描いて資金を得るというミュシャのもくろみは、すでにサージェントが活躍していて機会を得られないまま挫折してしまいます。模索しながらヨーロッパとアメリカを行き来していたところ"大作20点からなるスラヴ叙事詩を制作してプラハ市に寄贈する"というミュシャの計画に賛同してくれる親スラヴ派のシカゴの富豪チャールズ・クレインとようやく出会い、ボヘミアのズビロフ城をアトリエに借りて大作の制作にかかりました。

 時代遅れのスラヴ叙事詩

 チェコとスラヴ民族の歴史の諸場面を描いた6×8メートルもある畢生の超大作20点が1911年から1928年まで18年の年月をかけてようやく完成した時、祖国はすでに10年前の1918年にチェコスロヴァキア共和国として独立を果たしていて、スラヴ叙事詩は文字通り無用の長物となっていました。また20世紀の美術界は抽象画や表現主義のモダンアートの時代に移行していて象徴的表現で描いたミュシャの超大作の歴史画は時代遅れなものになっていたのです。

 ふたたび祖国を失う

 300年の苦難の時代の末の祖国独立に立ち会い新しく誕生したチェコスロヴァキア共和国と国民のために紙幣や切手をデザインしたことはミュシャにとってたいへん幸せなことでした。しかしそれからわずか20年後、1939年にはナチス・ドイツが侵攻してチェコスロヴァキア共和国は解体させられ、ミュシャが亡くなったときには祖国は存在していませんでした。

 第二次大戦が終わってチェコはナチスの支配から解放されましたが、1948年には共産主義化してソヴィエト連邦の圧制下に置かれ、チェコがふたたび自分たちの国を回復するのはミュシャが亡くなって50年後の1989年でした。その頃になってようやく、祖国からではなく異国の日本で開催した「ミュシャ展」
(1989年4月〜1990年7月 開催)が契機となって「スラヴ叙事詩」はスラヴの歴史だけでなく人類普遍のメッセージを描いた重要な作品であることが世界中の人に理解され始めたのです。

 失意の中の幸運

 ミュシャの幸運は、そのほとんどが失望や絶望のさなかにやむを得ず選んだ行動がたまたま成功に結びつく結果となったものです。ミュシャ自身は ほとんどいつも「自分はついてない人間だ」と考えていたのではないでしょうか?

 もしミュシャの運がよくて、プラハの美術学校に入学できていたら、 ウィーンで劇場が焼失せず解雇されることもなかったら、 伯爵の援助が打ち切られることなくクリスマス休暇をとる余裕があったら、“アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ”はなかったかもしれません。
そして私たちがこのようにすばらしい作品を楽しむことはできなかったでしょう。

 ラッキーだったのは、ミュシャではなくてミュシャの美しい作品に恵まれている私たちの方なのかもしれません。

Click !
Click !
ミュシャ へ
ミュシャ へ

もどる





ミュシャ生家

ミュシャ死亡記事

フルショヴァニーのクーエン=ベラシ伯爵館で描いた油絵の衝立

ミュシャの死を伝えるチェコの新聞

ミュシャの生家

 パリのアカデミーで勉強中に伯爵からの援助が突然打ち切られてミュシャは打ちのめされましたが、30才に近いミュシャの独立を促す伯爵の意図をすぐに理解して挿絵の仕事を始めました。
 後年、「スラヴ叙事詩」制作中にミュシャはエゴン・クーエンベラシ伯爵を1912年と1925年の少なくとも2回ガンデグ城に訪ねて歓談し「ガンデグでの若い時代は生涯で最も楽しく充実した時期だった」と感謝の気持ちを伝えています。

 また、1888年に得意先のリンク劇場が焼失して職人たちを解雇せざるを得なくなった舞台美術工房カウツキー・ブリオシ・ブルクハルトは、回復後真っ先にミュシャを訪ね復帰を要請しましたが、ガンデグでの仕事に集中していたミュシャは伯爵のもとに残ることを選びました。1920年代にウィーン訪問の際、カウツキー・ブリオシ・ブルクハルトの息子を訪ねてウィーン時代の礼を述べています。

 ミュシャ は ほんとうにラッキーボーイだったか  

パリで住んでいたヴァル・ド・グラース街
アトリエは左側の黒い手すりの建物2階。
下は、ミュシャが1896年から1903年まで住んでいたことを伝える銘板。

ミュシャ生涯

ミュシャ