アルフォンス・ミュシャ (1900年頃)

トップ へ




Home
Home

 パリで新進の挿絵画家として評価されていたミュシャは1894年末に「女神のごときサラ」とうたわれた大女優サラ・ベルナールのポスター制作をきっかけに名前を知られるようになったという伝説があります。
 緊密な絵画構成力、卓越したデッサン力、さらに色彩画家としてもすぐれていたミュシャは一般にはポスターで知られるようになったためアールヌーヴォーの画家と位置づけられることが多いですが装飾画家だけにおさまる画家ではありません。

 ミュシャ・スタイルにはさまざまな装飾様式が取入れられていますが日本美術とくに浮世絵からの影響が見られ日本人に親しみやすい作品がたくさんあります。

 また日本では与謝野晶子の活躍の舞台だった「明星」の挿絵にいちはやく取り入れられています。与謝野晶子の歌の世界がアール・ヌーヴォーと共通する要素を色濃くもっていたからでもあります。

・ ミュシャ略年譜

・ ミュシャの生涯  −ミュシャはラッキーボーイだったか?

・ ミュシャ頌
ミュシャの死を伝える新聞記事
(1939年7月15日付 プラハの新聞)
24はミュシャの誕生日命日は714は命日です。
ミュシャの死を伝える新聞記事
Click !
ミュシャ略年譜
ミュシャの死亡記事
ミュシャの生涯
各ページの作品サムネイルをクリックしてお楽しみください。
アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)