Click !
挿絵と表紙 へ
CHARLES IV
FONDE UNIVERSITÉ DE PRAGUE


カレル4世 プラハ大学の創設者

1348年

 本来は神聖ローマ皇帝カール4世でありボヘミア王としてはカレル1世が正しいが一般には"カレル4世"と呼ぶことが多い。
ルクセンブルク家の出身だが母のエリシュカからボヘミア王家プジェミスル家の血を受け継いでいる。
 神聖ローマ帝国の首都をプラハにおき、都市改造だけでなく中欧ドイツ文化圏で最初の大学を創設するなど今日のチェコの礎を築いた。
チェコの人たちは帝国とボヘミア(チェコ)に平和をもたらしたカレル4世の時代をチェコの黄金時代と考えている。
 上下の切手は、ともに1348年のプラハ大学(現カレル大学)創立を記念して発行した。カレル4世は聖ヴァツラフの王冠を戴いている。

「プラハ大学創設を宣言するカレル4世」
制作のためにミュシャが撮影した写真

ドイツ史 「カレル4世 プラハ大学の創設者」のデッサン
挿絵と表紙 へ

もどる






カレル4世が戴く王冠は、"聖ヴァツラフの王冠"と呼ぶボヘミア王の権威をあらわす王冠。ただし、ヴァツラフ1世の時代のものではなく、聖ヴァツラフを尊敬するカレル4世自身が作らせたもので、現代にまで伝わっている。.

カレル4世(1316-1378)

ドイツ史