挿絵と表紙 へ
Scènes et Épisodes de l'Histoire de Allemagne, 1896年
ドイツ史
―歴史の場面とエピソード―
シャルル・セニョボス Charles Seignobos(1854-1942)著

挿絵と表紙

Click ! それぞれの画像をクリックすると拡大します。

セニョボス(Charles Seignobos 1854-1942)
 「ドイツ史 ―歴史の場面とエピソード―」はフランス人のためにフランス語でフランスの歴史家が書いた"ドイツの歴史"です。
 著者のシャルル・セニョボスは"フランス社会がより成熟するため"には歴史学、歴史教育がどのように貢献できるかを実証主義歴史学の立場から追求しました。
 さまざまな国の歴史の具体的なエピソードから社会の正確な認識をもち、現在の社会との比較を通して多様性の概念を育てる。そして社会に変化をもたらした事件や革命から社会がどのようなことを契機として急激に、あるいはゆっくりと変化するかを知って社会に対して受身だったり無関心でいるのではなく、変化の認識を持つことによって社会の進化をもたらすことができるようになり急激な変化にも正しく対応できるようになる。そのために必要な批判力は同一の歴史事実を対立する立場から見たり、異なる逸話や伝説の比較、歴史と伝説の違いなどをとおして養うことができると考えていました。
 “歴史の場面”と”エピソード”で表した「ドイツ史」はそのような背景から著したセニョボスの歴史書のひとつです。

ロシュグロス(Georges Antoine Rochegrosse 1859–1938)
 挿絵を担当したミュシャ とジョルジュ・ロシュグロスは同年代です。しかし1882年にパリのサロンにデビューしてすでに名声を得ていたロシュグロスと、無名の”かけだし”だったミュシャとは全く異なる立場でした。とはいえ共にブーランジェのもとで学び、挿絵画家のギュスターヴ・ドレを尊敬していた二人の仲はよいものでした。
 「ドイツ史」の仕事を進めるうちに当初半々の分担予定だったものが8割をミュシャが描くようになってもミュシャのロシュグロスへの敬愛は変わらず、のちの作品、特に「スラヴ叙事詩」にはあちこちにロシュグロスから受けた影響が見られます。

ドイツの歴史
 セニョボスの「ドイツ史」はローマ帝国史にゲルマン人が登場する西暦9年から 19世紀のゲーテとシラーまでの"ドイツの歴史エピソード"をとりあげています。そのうちの大半が”神聖ローマ帝国”の時代です。
 ミュシャ
(ムハ)は今ではチェコの画家となっていますが、当時のチェコ(ボヘミア、モラヴィア)はハプスブルク家が支配するオーストリア帝国に属していおり、ハプスブルク家はながく神聖ローマ帝国皇帝の地位にありました。「ドイツ史」挿絵の依頼にはじめは抵抗があったミュシャですが、挿絵の場面をどう選ぶかはミュシャにまかせるというアルマン・コラン出版社の意向を得て引き受けることにしました。「ドイツ史」の場面の多くは祖国チェコと深くかかわるエピソードだったりチェコの歴史そのものでもあったので、チェコの歴史を広く伝える機会と考えたからです。
 「芸術家本来のつとめとして祖国に貢献する」というミュシャの願いはまだ漠然としていたウィーン時代から、境遇の変遷とともにより具体的な構想へ育ちます。セニョボスの「ドイツ史」挿絵制作は、ミュシャの意識を明確にさせるとともに歴史の方法論を得ることになり、1900年パリ万博の「ボスニア・チクルス」を経て「スラヴ叙事詩」につながる仕事となりました。
 「スラヴ叙事詩」がクライマックスの場面ではなく、チェコの社会に変化をもたらすきっかけとなったシーンを描いているのはセニョボスの「ドイツ史」挿絵の経験が影響しています。「ドイツ史」の挿絵を手がける機会がなければ「スラヴ叙事詩」は現在の形にはならなかった、あるいは「スラヴ叙事詩」を描くこともなかったかもしれません。

ロシュグロス

ミュシャ

ミュシャ

ロシュグロス

ロシュグロス

ロシュグロス

ロシュグロス

ロシュグロス

挿絵と表紙 へ

もどる





ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ミュシャ

ロシュグロス