挿絵から
 画家ミュシャは挿絵からはじまりました。
 1890年1月、パリで勉強していたところ突然学費と生活費の仕送りが途絶えて生活のために雑誌の表紙や挿絵を描くようになりました。やむを得ずにはじめた仕事ですが1年もしないうちにパリやプラハの出版界で注目を集め、挿絵画家としてはギュスターヴ・ドレ
(Paul Gustave Doré 1832-1883) と同等の評価がなされるようになりました。
 19世紀末は、それまで挿絵の主流だった銅版画が急速に写真にとってかわられる時代でしたがミュシャの挿絵の多くは15、6世紀に盛んだった木口木版画で制作されています。
 「ドイツの歴史
(C.セニョボス 著)では新進のミュシャが当時のフランス最高とされていた挿絵画家G. ロシュグロス(Georges-Antoine Rochegrosse 1859-1938)とともに挿絵を描いています。しかし刊行された本を実際に手に取ると、ミュシャの挿絵がロシュグロスをはるかにしのいでいます。
ドラマチックな挿絵
 ミュシャの挿絵は卓越したデッサン力とともに、とくに群像表現がすぐれています。緊張感のある画面には、まるでシェイクスピア劇の登場人物のように、1人1人の人物が生き生きと克明に描かれていながら全体の画面構成が見事で、物語のクライマックスをドラマチックに描いています。挿絵の表現には、チェコの伝統に立つ表現に加えて、ウィーン時代から関心を持っていたブルクマイヤー(Hans Burgkmair der Ältere,1473-1531)などキアロスクーロ版画・素描の影響が見られます。
ポスターも スラヴ叙事詩
 これまでミュシャの挿絵が注目される機会はあまり多くはありませんでした。しかし後のポスターの成功も、大画面で構成する 「スラヴ叙事詩」 も、ミュシャの画業のすべては挿絵画家の経験なくしてありえません。挿絵はミュシャを決定づける重要な仕事だったのです。

「アダミテー」の挿絵 原画 (1890年頃)

各ページの作品サムネイルをクリックしてお楽しみください。
Home
挿絵と表紙 
ココリコ Cocorico
主の祈り
Mont Calm et Levie
アイユールの歌 Chansons d'aieules
ラ・プリュム La Plume
ル・モワ誌
イリュストラシオン Illustration
ラ・ヴィ・ポヒュレール La Vie Populaire
フィガロ
イマージュ
トリポリの姫君 イルゼ Ilsee Princesse de Tripoli
偉大なフェレ Le Grand Ferre
ロランドの冒険 l'Aventure de Roland
青いめがね  les Lunettes Bleues
le Pirate Mysterieux
ドイツの歴史 Scenes et Episodes de l'Histoire de Allemagne
プティ・フランセ・イリュストレ Le Petit Francais Illustre
Click !
おばあさんのお話  Contes des Grand'meres
Jamais Contents
Paris-Noel
アダミテ Adamite
マイ(5月)誌
ラ・メディシン誌
歴史アルバム Album Historique
ハチドリの谷
サマリアの女 戯曲 Samaritaine
アトリエ・ミュシャ Atelier Mucha
Dictionaire des Arts Decoratifs
les Chasseurs d'Epaves
写真芸術 l'art Photographique
スラヴィア母性の書 Slavia Matkam
装飾資料集 Documents Decoratifs
海の攻撃 utok moje
装飾人物集 Figures Decoratives
教父フス Mistr Jan Hus
ボヘミアにて In Bohemia
New Mysticism
Nakladatelske druzstvo Maje
チェコ周遊旅行写真集 Letm Ceskym Svetem
ル・サンティマン Les Sentiments
憧れと愛 
la Esquella de la Torratxa
クリオ Clio
les Menu & Programmes Illustres
クリスマスと復活祭の鐘 Cloches de Noel et de Paques
プラハからパリへ Prague a la ville de Paris

トップ へ




Home