マクデブルクはドイツ東部、現ザクセン・アルンハルト州の州都。エルベ川沿いにあり河川流通で栄えた豊かなハンザ同盟都市だった。
 1630年11月に始まり翌年5月20日まで続いた神聖ローマ帝国軍
(カトリック)によるマクデブルク攻囲と、陥落後の壊滅的な略奪をあわせて「マクデブルクの惨劇」と呼んでいる。
 惨劇は30年戦争
(1618年-1648年)の中で起こった。プロテスタント(ルター派)の都市マクデブルクは神聖ローマ帝国(カトリック)に攻撃され、3万人の人口が5千人(ほとんどが女性)になり、生き残った女性たちも傭兵中心の神聖ローマ帝国兵にレイプされ、30年戦争終了時には450人になっていたといわれる。
 あまりの酷さから北ドイツプロテスタント諸侯とスウェーデンのグスタフ・アドルフ2世
(1594-1632)が連合する契機になるなど30年戦争全体の動向にも影響を与えた。
 なお、戦いの後の復興に努めた市長ゲーリケ
(Otto von Guercke1602-1686)は物理学者でもあり、真空ポンプを発明して真空の特性を明らかにする実験「マクデブルクの半球」をしたことでよく知られている。

Click !
挿絵と表紙 へ

もどる


挿絵と表紙 へ

ドイツ史

Scènes et Épisodes de l'Histoire de Allemagne, 1896
ドイツ史
―情景とエピソード―