来たる年 カレンダー

LU のカレンダー

1 月

2 月

3 月

4 月

5 月

6 月

7 月

8 月

9 月

10 月

11 月

12 月

Click !
ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのカレンダー

パリスの審判

カレンダーの四季

人生の四季節

ラ・プリュムのカレンダー

装飾パネル へ

Ch.ロリュー
  Ch.ロリュー社カレンダーはミュシャの広告デザインとしてはごく初期のものです。
 印刷用インク製造販売のロリュー社は1818年に
ピエール・ロリュー(Pierre Lorilleux 1788-1865)が創業し息子のシャルルがさらに会社を発展させました。社名の"Ch. LORILLEUX"シャルル Charlesの名前によります。
 カレンダーは1ヶ月毎の12枚からなりイラストは12ヶ月すべて異なりますが統一感のある優れたデザインです。
 カレンダー
を右半分に配置し左側には女性像と雄鶏を描いています。各月の女性はそれぞれ印刷や科学、化学、美術、絵画など印刷インクとのかかわりを表し、雄鶏はフランスの象徴です。
 女性の上には"Ch. LORILLEUX & Cie"の社名を下にはどの絵にも ロリュー社のマークである風車を配し、右側カレンダー部の上の円には各月をあらわす星座の動物と少年を描いています。
ポスター研究家レナート Jack Rennert氏によると少年はロリュー家の子どもをモデルに描いたそうです。
挿絵 広告デザイン
 カレンダーは1894年用ですがミュシャがデザインしたのは当然ながら前年の1893年です。1893年のミュシャはまだ一般にはさほど知られていませんでしたがパリとプラハの出版界では注目されていた新進挿絵画家でした。カレンダーを依頼された頃もセニョボスの「ドイツ史」 はじめ挿絵の制作をいくつも抱えていました。
 ロリューのカレンダーのイラストを見ると女性のポーズや描き方、背景は、ミュシャの挿絵を思わせ画面の効果や象徴の扱いなどにはポスターのミュシャ・スタイルがすでに現れています。挿絵からポスターへのいわば移行期らしい両方の特徴に写実と装飾、メッセージを伝えるポーズや象徴、そのほかミュシャの生涯を一貫する特徴のほとんどがロリューのカレンダーに見られます。
男性を?
 カレンダーの左側には印刷術や芸術の要素を象徴する"女性"を描いているのに1月と3月は男性です。なぜでしょう。
 1月には中世の人物らしい胸像を描いています。 これは活版技術を実用化し印刷術の発明者として知られているヨハネス・グーテンベルク
(Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg 1398-1468)
 現代(19世紀末当時)風の服装をした
3月の男性は、シャルル・ロリュー(Charles Lorilleux 1827-1893)です。シャルルはロリュー社に寄与しただけでなく印刷技術の発展と普及に貢献した功績で1891年にフランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授章され、パリ市に隣接するデファンス地区の"シャルル・ロリュー通り rue Charles-Lorilleux"にその名前がつけられています。
 シャルル・ロリューの肖像を1月でも12月でもなく3月に置いた理由は正確にはわかりませんが1893年3月にシャルルが亡くなっているのであるいはミュシャが敬愛と追悼の意をこめて3月に彼の姿を描いたとも考えられます。

Click ! カレンダーの画像をクリックすると拡大して見ることができます。
Ch.ロリューのカレンダー  1893

カレンダー

Ch ロリューのカレンダー(1月)から
Ch ロリューのカレンダー(3月)から
グーテンベルク
シャルル・ロリュー
装飾パネル へ

もどる