チェコ時代 へ

黄道十二宮 ラ・プリュムのカレンダー     1896年 リトグラフ

藤島武二 「三光」のうち「月」( 1905)。右は「La Plume誌」のページから。
絵の下には野口米次郎 (1875-1947)の英詩が書かれている。(野口米次郎は、彫刻家イサム・ノグチの父)

来たる年 カレンダー

LU のカレンダー

人生の四季節

ラ・プリュムのカレンダー

カレンダーの四季

パリスの審判

ロリューのカレンダー

チェコ時代 へ

もどる




ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのカレンダー
Click !

カレンダー

カレンダー
  「黄道十二宮」 はシャンプノワ・リトグラフ工房の1897年のカレンダーでした。このカレンダーに注目した 「ラ・プリュム」 誌の編集長レオン・デシャンが「ラ・プリュム」誌のカレンダーとして広め大好評を博しました。その後もいろいろな使われ方をして7種ものヴァリアントが存在します。
 美しい女性の横顔と宝石をちりばめた豪華なティアラやネックレス、奔放にしかし品位を失わない髪のうねり、くまなく埋め尽くす装飾、ビザンティンやケルトの適度にエキゾチックな雰囲気、絶妙なバランスを保つ画面構成、ミュシャ・スタイルの魅力が凝集した「黄道十二宮」が時代を超えて世界中で人気があるのは当然ともいえるでしょう。
動物の星座
 「黄道十二宮」は女性を飾る12の星座をさし天体の1年の動きを示しています。ギリシア語で"動物の円盤"という意味の"ゾディアック Zodiac"も同じでカレンダーとしての性格をあらわしています。
月桂樹
 常緑樹の月桂樹は"不滅"のシンボルです。一般には"勝利"や"栄誉"と思われていますが勝者の栄誉を讃えるために"不滅"の象徴の月桂樹を贈ったものが変化しました。カレンダーに飾るのは月桂樹が不滅をあらわすからです。また月桂樹が一年の最後、休息の季節の冬を象徴しているからでもあります。
 月桂樹とともに太陽と月、昼を表すヒマワリと夜を象徴するケシなど、ミュシャは"時"のシンボルを飾ることによってカレンダーの機能をよりいっそう高めています。
藤島武二
 明治38年
(1905)、「明星」のデザイナーでもあった藤島武二(1867-1943)は「三光」という連作ポストカードを発表しました。その中の「月 Luna」は、「黄道十二宮」からインスピレーションを得たと考えられます。
 「三光」の「月」を見ると単純に形だけをまねたのではなく「黄道十二宮」の細部までよく理解してデザインしたことをうかがわせます。同時に藤島武二が「黄道十二宮」のカレンダーや装飾パネルからではなく「ラ・プリュム誌 La Plume」を見てアイデアを得ていたことも知ることができます。