チェコ時代 へ

ルフェーヴル・ビスケットのラベル

ムース川のビール

 1804年12月2日にパリ、ノートルダム大聖堂での行われたナポレオンの皇帝戴冠式でナポレオンの妹ボーリーヌがつけていた「ケレスの麦の穂のダイアモンドティアラ」。
 戴冠式でボーリーヌは皇妃ジョゼフィーヌの裳裾(もすそ)を持っていてその姿はダヴィッドの「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」(ルーヴル美術館)に描かれている。
 その影響でナポレオンの戴冠式以降ヨーロッパの貴婦人たちの間では"豊穣の女神ケレス"を象徴する「麦の穂のティアラ」が大流行した。

「ケレスのダイアモンドティアラ」(19世紀前半)
Albion Art Jewellery Institute
アルビオンアート・ジュエリー・インスティテュート蔵

1994年 プラハ城での
ミュシャ展 記念品

ムース川のビール

ワシントン・
ナショナル・ギャラリー蔵

ケレス

ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのカレンダー

パリスの審判

カレンダーの四季

人生の四季節

LU のカレンダー

来たる年 カレンダー

ラ・プリュムのカレンダー

Click !

ロリューのカレンダー

チェコ時代 へ

もどる




カレンダー

LUのカレンダー  1896年 リトグラフ

豊饒の女神
 ビスケットメーカー、ルフェーヴル・ユティルのカレンダー。ルフェーヴル・ユティル社は頭文字の"LU
(リュ)"という名前で現在もヨーロッパで親しまれています。
 麦の穂とヒナゲシの花を頭に飾る女性は農業や穀物、豊饒の女神ケレスです。ケレス
(ローマ神話ではケレス、ギリシア神話ではデメテル)は収穫の"鎌"と"麦"を持つ姿で描かれますがミュシャはケレスの衣装に鎌と穀物の模様を"LU"のロゴ「U」 を連想するデザインに描いています。「ムース川のビール」でもミュシャは穀物の女神ケレスを描いておりケレスの名前はコーンフレークやオートミールを指す"シリアル"の語源で今に生きています。
 デメテル
(ケレス)の娘ペルセポネーが冥界から地上の母のもとに帰ってくる時期が春とされ娘の帰還を喜ぶデメテルが地上に豊穣をもたらすという四季の起源神話もふまえてミュシャはカレンダーにケレス(デメテル)のイメージを描いたのです。
 宣伝の力を理解していたルフェーヴル・ユティル社はさまざまな画家にポスターやパッケージデザインを依頼しました。なかでもミュシャは人気があり何種類ものデザインが残っています。
 1994年にチェコでは70年ぶりのミュシャ展がプラハ城で開かれたとき、ルフェーヴル・ユティル社は展覧会のスポンサーとしてミュシャがデザインしたビスケットのパッケージを復元し、展覧会の記念に配りました。

LUビスケットのラベル