チェコ時代 へ

来たる年 カレンダー     1897年 リトグラフ

カレンダー

象徴的カレンダー
 カレンダーが一般家庭に普及したのはアール・ヌーヴォーの時代でした。それまで人々はキリスト教会が定めた教会暦にしたがって生活していましたが都市生活の拡大とともにさまざまなカレンダーが作られるようになりました。
 とくに雑誌の出版が盛んになった1880年代後半以降、急速にカレンダーが広まったのです。象徴派の雑誌が多かったためカレンダーのテーマや絵柄も象徴的な作品が多いというのがアール・ヌーヴォー期のカレンダーの特徴です。
未完成のカレンダー?
 ミュシャは1894年のロリューのカレンダー以来シャンプノアやショコラマッソンのカレンダーなどノベルティ用のカレンダーを数多く制作しており、いずれにもミュシャ特有の象徴的表現が見られます。
 「来たる年」のカレンダーにはバラ、ヒナゲシなどを盛ったかごを持つ女性が描かれています。周囲の装飾にもヒナゲシ、マーガレット、ヤグルマギク、ムギを描いていてこれら
の花はいずれもフランスを象徴していると考えられます。
 抑えた色調ながらミュシャらしい表現の美しいカレンダーですが「来たる年」は"タマ"と呼ぶ日付の部分が入って完成したカレンダーは今のところ見つかっていません。出版数が少くて残らなかったとも考えられますが1900年のシャンブノワの販売用カタログには"カレンダー用"として"タマ"の刷ってないものを6フランで案内しています。原画が残っており画面の下にカレンダー枠があるのでカレンダーとしてデザインされたのは間違いありません。
ミイラも踊りだす?
 カレンダーになったものは見つかっていませんが「来る年」はポストカードも残っています。当時よく知られていたマリアーニ・ワインの宣伝用です。
 女性が手に持つ花がワインを載せたプレートに変えられてマリアーニ・ワインの宣伝文が添えられていますが、その宣伝文にはなんと「マリアーニ・ワインを飲めば死んでいるミイラも踊りだす」 とあります。サインが添えられていますがもちろん描きなおしたのはミュシャではありません。ミイラとした背景には19世紀後半のエジプトなど古代遺跡の発掘ブーム、それとパリで開かれた万国博覧会の影響があります。
  ポスターの父ジュール・シェレ
(Jules Cheret 1832-1936)もマリアーニ・ワインの楽しげなポスターを作っており宣伝に力を入れているワイン・メーカーですがそれにしても、、、。

来たる年

来たる年 カレンダー

LU のカレンダー

人生の四季節

ラ・プリュムのカレンダー

カレンダーの四季

ロリューのカレンダー

「来たる年」 のデザインを使ったポストカード (左) と
マリアーニ・ワインのポスター (ジュール・シェレ 1894年)

来たる年のカレンダーを飾る花
ヒナゲシ、バラ、ヤグルマギク、ムギ、マーガレットなど

来たる年 シャンブノワ・カタログ

シャンブノワのカタログから(1900年)

チェコ時代 へ

もどる





ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのカレンダー

パリスの審判

Click !