チェコ時代 へ

カレンダー

カレンダーの四季

1897年用カレンダー。 チョコレート会社のノベルティです。 冬、春、夏、秋の四季節を描いているのは四季の装飾パネルが大当たりしてシャンプノワ (リトグラフ工房) から四季のシリーズを求められたためです。

「コチカ レゼ ディーロウ Kočka leze dírou
 "新春"というように日本では季節は春にはじまって冬に終わり再び春を迎えます。しかしミュシャの「四季」は冬からはじまり、春、夏、秋と進みます。ミュシャが生まれ育ったヨーロッパ内陸では1月は雪に覆われようやく5月になって訪れる遅い春を人々は待ち望みます。「四季」連作で"冬"を象徴する女性は地味な衣装で頭まで覆った姿で小鳥と歌いかわし美しい花を抱く"春"と組み合わせて描かれています。
 ミュシャの祖国チェコは数百年にわたって外国の支配を受け続け文化も言葉も国民としてもチェコは劣っているとされてきました。ミュシャはそのようなチェコの人々に作品をとおしてメッセージを送ることが画家の務めと考えていたのです。
 チェコ人なら誰でも歌ったことがある「コチカ レゼ ディーロウ Kočka leze dírou」という童謡があります。「今は雨が降っていて濡れています。でもいつか必ず晴れるでしょう」という歌詞はチェコの人々がつらい今を耐えて未来に希望をつなぐためのものでした。スメタナ
(Bedřich Smetana 1824-1884)の交響詩「わが祖国 Má Vlast 第2曲モルダウVltava(モルダウ川はチェコではヴルタヴァ川)」のメロディはこの「コチカ レゼ ディーロウ」で日本でもよく歌われています。チェコの人たちは誰もが歌う童謡に託して希望を未来につなぎスメタナもミュシャも希望のメッセージをチェコの人々に届けることが芸術家の務めと考えていたのです。

チェコ時代 へ

もどる





連作「四季」から「冬」、「春」(部分) 1896年

連作「四季」から「冬」、「春」(部分) 1900年

ロリューのカレンダー

「三季節」 1896年

ラ・プリュムのカレンダー

ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのカレンダー

パリスの審判

カレンダーの四季

人生の四季節

LU のカレンダー

来たる年 カレンダー

Click !

1897年用カレンダーの広告