短命切手
  「プラハ城切手」 は偽造切手が大量に出回わったため短い通用期間でしたが、1920年に発行された2作目の 「フス教徒切手」 も短命に終わりました。
 カトリック教会が異端としていたフス教徒を切手にしたことに教会からクレームがついたためです。
聖杯と煙
 フス派教義の特徴はパンとワインによる聖餐です
(現在はほぼすべてのキリスト教会でパンとワインの聖餐が行われているが15世紀当時のカトリックでは信徒にはワインは許されずパンのみの聖餐だった)。切手でもフス教徒がフス派の象徴の聖杯を持っています。
 切手のフス教徒のポーズはプラハ城聖ヴィタ大聖堂ステンドグラスの聖ツィリル像を思わせます。というより数年後に完成したステンドグラスを見た人たちは、カトリック教会の横槍で廃棄せざるを得なかったこの 「フス教徒切手」 を思い出したかもしれません。聖杯はまたチェコの人たちにスヴァントヴィト
(希望を象徴するスラヴ神話の神)が持つ角のさかずきを連想させます。
 切手には聖杯とともに立ちのぼる香炉の煙が描かれています。ミュシャの
の表現は「教父ヤン・フス」 の挿絵、「クオ・ヴァディス」、「スラヴ叙事詩展」ポスターなどにも見られます。香煙やフス焚刑の煙を表わしますが、二つに分かれて立ちのぼる煙は描かれているものに注意をうながす効果を持っています。
ヤン・フス
 切手発行5年前の1915年、フスの火刑から500年目にフスの銅像がプラハ旧市街広場に建てられました。当時は19世紀後半からの汎スラヴ運動とともにフス派教会運動が高まった時でした。カトリックからの離脱を目指すフス派チェコスロヴァキア教会が1920年に成立したこともあり「フス教徒切手」の発行は教会分裂の危機感をカトリック教会与えたのでしょう。
(15世紀初頭のフスの時代は大シスマといい教皇が3人もいた教会分裂の時代でした。さらにフス後に起こったルターの宗教改革は「教会分裂」でした。)
 ヤン・フスはチェコの人たちから歴史を通じて尊敬されています。 フスは宗教改革者であるだけでなく、フスが工夫したチェコ語表記法はチェコ文学の隆盛につながり、また フス派運動を通じてさまざまなチェコ独自の文化を生み出す元となりました。今日その影響は、宗教、教育、技術、社会の体制や制度など日本をふくむ世界中におよんでいます。
ジャンヌ・ダルク
 フス教徒切手発行の背景にはフランスのジャンヌ・ダルクがかかわっています。
 ヤン・フスと同じ頃に異端とされ火刑に処せられたジャンヌ・ダルクはフス教徒切手発行の年1920年5月16日にカトリック教会によって聖人に列せられました。
 チェコの人たちにとってフランス救国の英雄ジャンヌ・ダルクはヤン・フスと重なります。同じ頃にカトリックの異端審問で焚刑になったジャンヌ・ダルクが復権して聖人に列せられるならヤン・フスこそ同様に復権されるべきだとチェコの人たちは思ったのです。
 ヤン・フスを異端として処刑したことは間違いだったとカトリック教会はようやく2000年になってチェコ国民に謝罪しますが、切手を発行した1920年当時、ヤン・フスとフス派の信仰はまだまだ異端とされていたのです。

チェコ時代 へ

ミュシャがデザインした切手 B フス教徒切手

フス教徒切手  1920年

切手と紙幣

「スラヴ叙事詩展」 ポスター
 1928年

「クオ・ヴァディス」 制作中のミュシャ 1904年

「教父ヤン・フス」 から
1903年

プラハ旧市街広場に立つフス像
シャロウン作 1915年

Click !
チェコ時代 へ

もどる












プラハ・ヴィタ大聖堂ステンドグラスの
聖ツィリルと聖メトジェイ像  1931年