チェコ時代 へ

切手と紙幣

ミュシャがデザインした切手 A 速達切手新聞切手不足料金切手

ハト タカ 菩提樹
 通常切手と速達切手しかない日本ではなじみがありませんが、郵便切手にはそのほかに新聞用切手、不足料金切手、本人配達用切手などがあります。

 ミュシャデザインの速達切手はハト、新聞切手はタカ、、不足料金切手にはスラヴ菩提樹を図柄にしています。 よく見るとハート形の葉のスラヴ菩提樹をどの切手にも使っています。 ハトはチェコの人々が平和を愛することを表わし、タカ(ソコル)は国民の連帯を、国の木であるスラヴ菩提樹はチェコスロヴァキアを表わしています。

不足料金切手

速達切手

新聞切手

ハト チェコの郷土玩具

タカ
第6回 ソコル大会 ポスターから

チェコ時代 へ
Click !

もどる











チェコの国の木 スラヴ菩提樹