プラハ城
 中央はプラハ城と呼ばれるフラッチャヌィ城です。 シルエットで描かれ、聖ヴィタ大聖堂の屋根と尖塔だけが見えますが、チェコ国民には一目でフラッチャヌィ城とわかります。10世紀の聖ヴァツラフの城の上に数百年かけて建設が進められました。 チェコの苦難の歴史とともに歩み、今もチェコ共和国の大統領府が置かれている現役の城です。
 右手前のドームと塔は聖ミクラーシュ教会。 聖ミクラーシュはセント・ニコラウス、つまりサンタ・クロースと同じです。
見えない太陽
 プラハ城のバックには太陽が描かれています。 しかし、南側から眺めるプラハ城の背景に太陽が見えることは実際にはあり得ないことです。 見えるはずのない太陽にクレームがついて、1919年4月以降の切手からは太陽が削られました。 そのためミュシャがミスを犯したという人もいます。 しかし、当時プラハにもアトリエを構えていたミュシャは、当然プラハ城の方角はもちろんよくわかっていました。 また、ミュシャはひとつの作品を仕上げるために何枚ものスケッチ、デッサンをする画家です。 方角を間違えることはありえません。
(もうひとつ、切手の図柄は 「カレル橋から眺めたプラハ城ヴィタ大聖堂とミクラーシュ教会堂」 と いわれることがありますが、これも間違いです。 カレル橋の上からでは方角が違うため 二つの聖堂はこのような位置関係には見えません。)
 では なぜ ミュシャは見えるはずのない太陽を描いたのでしょう?
 ミュシャが描いたのは天体の太陽ではなく、太陽が象徴するチェコの未来の希望でした。 太陽をあらわすスラヴ古代神のスヴァントヴィトは希望の象徴であり、ミュシャは太陽やスヴァントヴィト神に託してチェコの “未来の希望” を象徴的に描いているのです。
  事実と異なると批判されいったんは削られましたが、第二次大戦後の社会主義圧政の時代にはプラハ城切手の太陽に希望をたくすように何度も復刻発行しています。
ハート
 プラハ城を囲むように両側にはチェコの国の木、スラヴ菩提樹のハート形の葉が描かれていてます。 頭にスラヴ菩提樹を飾った女性はスラヴィアと呼ばれ、スラヴの理想を女性の姿で表現しています。 ミュシャの絵に登場するハートは、心や愛をあらわすと同時にスラヴを象徴しており、これはパリで活躍していた時代のポスターなどにも登場します。 切手の額面表示の脇にあるハートも同じくチェコやスラヴを象徴しています。
渦巻き
 周囲の枠には渦巻きの模様を飾っています。 渦巻きは水をあらわし、水は、水を示す青色とともにスラヴの人々がひとつの民族だった太古の時代をあらわします。 渦巻き模様は「スラヴはひとつ」というメッセージなのです。
 パリ時代アメリカ時代チェコ時代を通じて、民族の連帯、一致を示す青色や渦巻き模様がミュシャの作品には繰り返し使われています。
ハト
 速達切手のデザインにもハトを使っていますが、ハトはスラヴの人々が平和を愛する民であることを表わしています。
 チェコの民俗玩具になったりスラヴの家具などの飾りにもハトはよく使われています。
 ミュシャは、悲しみの中から強く平和を望むチェコの人々の心を表すシンボルとしてハトを重要な作品によく使っています。

チェコ時代 へ

チェコ民俗玩具のハト
ハトは、スラヴ民族が平和を愛することを表す。

プラハ城切手

切手と紙幣

Click !

プラハ城切手 1918年12月18日発行

スラヴ菩提樹はチェコの国の木。 ハート形の葉が特徴。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
創立100年記念CD

ここにも “太陽” が

果物 (装飾パネル 1898年)

プラハ 春の音楽祭 (ポスター 1914年)

プラハ城切手のさまざまなタイプは こちらから

プラハ城切手のいろいろ

チェコ・フィル創立100年CD

ここにも “太陽” が

この切手をデザインした M.シュヴァビンスキーはミュシャの葬儀で弔辞を読みました。

もどる






「幸いなるかな悲しむ者(真福八端より 1906年)

スラヴィア (プラハ国立美術館蔵 1908年)

“太陽”は描いていない プラハ城切手のデッサン
1918年

切手デザインと同じ方角から
プラハ城、聖ミクラーシュ教会を望む

  「プラハ城切手」 を発行した12月18日をチェコでは 「切手記念日」 として独立記念と同じように位置づけています。
 40周年にあたる1958年には、「プラハ城切手」 を見上げるスラヴィアをデザインした切手を発行しました。
 スラヴ菩提樹を頭に飾るスラヴィアは、スラヴ菩提樹と不滅を表す菩提樹を持ち、「プラハ城切手」 には不滅と栄光を表すトケイソウとバラを飾っています。

Click !
Click !
チェコ時代 へ