ミュシャ生誕100年記念切手のFDC
 (初日カバー)  1960年

チェコ時代 へ

切手と紙幣

ミュシャの肖像切手

生誕100年に
 切手のジャンルには著名人や芸術家の肖像切手があります。 もちろんミュシャの肖像切手も発行されており、ミュシャ生誕100年記念の1960年にチェコスロヴァキアが発行しました。
誕生日でなく
 ただし、記念切手の発行は誕生日の7月24日ではなく、12月18日です。 「プラハ城切手」 でも触れていますが、12月18日は 「チェコスロヴァキア郵便切手の日」 です。 チェコスロヴァキアが独立して最初の切手をデザインしたのはミュシャですから郵便切手の日に発行するのはふさわしいといえますが・・・・。
 この切手のデザインはマックス・シュヴァビィンスキー
(1873-1962) 。 シュヴァヴィンスキーもチェコの代表的な画家でグラフィックデザイナーです。 ミュシャがなくなったとき葬儀で弔辞を読んだのは彼でした。 シュヴァヴィンスキーはミュシャのポートレート写真をもとにデザインしています。 デザインのもとになっているミュシャ晩年のポートレート写真は、1978年の記念切手にも使われました。
郵便切手の日
 1978年は、独立60年とともに1968年の 「プラハの春」 改革の挫折から10年目にあたります。 ソ連に制圧され共産党一党支配のもとにあった当時は、外国支配からの解放を祝う独立記念日のかわりに郵便切手の日を祝うことで国民が心を合わせていたといえるでしょう。
  1978年、1988年にもチェコスロヴァキアは 「郵便切手の日」 の記念切手をミュシャの肖像と1918年のプラハ城切手をデザインして発行しました。

68才のミュシャ  1928年

チェコスロヴァキア郵便切手の日 1978年
肖像と 「プラハ城切手」 のデッサンを組み合わせている。

チェコスロヴァキア郵便切手の日 切手と切手シート(右)とFDC(下) 1988年
切手シートにはミュシャのデザインによる 「プラハ城切手」 がある。

Click !

ミュシャ生誕100年 1960年

チェコ時代 へ

もどる