ミュシャ生誕150年の2010年にチェコ、オーストリア、ブルガリア、モナコなどがあいついで記念切手を発行しました。
 “ミュシャ切手”にはミュシャの作品を使った切手だけでなくミュシャ自身によるデザインの切手が知られています。
 ミュシャがデザインした切手や紙幣は小さいですがミュシャを理解するための たいへん重要な“作品”です。なかでも『プラハ城切手』は図柄の意味、歴史との関わりなど 巨大な 『スラヴ叙事詩』 に匹敵するミュシャの代表作です。
 “ミュシャ切手” には、
  1. ミュシャがデザインした切手
  2. ミュシャ作品を使った切手
  3. プラハ城切手などミュシャデザイン切手の復刻
  4. ミュシャの肖像切手
以上の4つのグループとそのほかに切手を模したラベルがあります。本来、ミュシャの作品と呼べるのは1の「ミュシャがデザインした切手」だけですがここではミュシャ切手の全体を紹介します。
 万国郵便連合の承認を得て世界で通用する郵便切手の発行は通貨以上に国際社会からの信用を表わすものです。独立を目前にしたチェコスロヴァキア共和国準備政府が紙幣と郵便切手のデザインをミュシャに依頼して『プラハ城切手』が誕生しました。
 ミュシャがデザインしたチェコで初めての切手は1918年12月18日に発行され現在もチェコ共和国は12月18日を郵便切手の日と定めて記念しています。

Home
各ページの作品サムネイルをクリックしてお楽しみください。
郵便切手と紙幣
生誕150年記念切手(オーストリア発行)

『ミュシャ生誕150年記念切手』 オーストリア発行
(2010)

Click !
Click !
Click !
Click !
Click !
Home

紙幣

肖像切手

紙幣入口

 




プラハ城切手の復刻

ミュシャ作品を使った切手

ミュシャがデザインした切手

誕生150年切手

ミュシャ作品切手

チェコ国章切手

特殊切手

プラハ城切手

ミュシャの肖像切手

復刻切手

フス切手