最後の装飾パネル
 『四つの星』は"装飾パネル"の最後のシリーズです。発表は1902年ですが1899年頃からデザインをはじめています。
 それまでの連作装飾パネルと雰囲気が異なっているのは夜空に光る星をテーマにしているためです。それだけでなく、この頃神秘主義に関心を寄せていたミュシャの心境が現れているともいわれます。

肌を照らす星の光

 星をテーマにしていながら、月をのぞいては直接に星を描くのではなく女性の肌を照らす光で星を表しています。星の光を効果的にするため画面の色調を落とし星を象徴する女性は宙に浮かんでおり、頭の位置もほかの装飾パネルに比べると幾分高く描いています。

花と女性

 絵をとりまく花は単なる装飾ではなくそれぞれの星のキャラクターを女性のポーズと花で表現しています。
  『宵の明星』
カンパニュラ (釣鐘草) 
  『暁の明星』 = 月桂樹
  『月』 =
白ケシ
  
『北極星』 = エーデルヴァイス (雪割草)
 カンパニュラの"鐘"は夕刻の訪れをイメージさせ、月桂樹は輝く金星にふさわしいものです。ケシのなかでも毒性の強い白ケシは眠りの象徴とされ、星の形に似たエーデルヴァイスは「アルプスの星」と呼ばれています。
ジャポニズム
 花の縁どりは明らかに日本の掛軸にならってデザインしています。『四つの星』のリトグラフ販売用のカバーも、ミュシャのデザインではありませんが日本風のデザインが施されています。
 プラハ国立美術館の『スラヴィア
(ヒナギク)、ニューヨーク・メトロポリタン美術館所蔵の『ジャンヌダルク(ユリ)、ブルノ・モラヴィア国立美術館の『演劇芸術のアレゴリー』(ギリシア劇のペルソナ) 、土居君雄コレクションの『クオ・ヴァディス』(バラとユリ)など20世紀初め制作の重要な油彩作品には花などの"装飾を周囲にほどこしています。掛軸にヒントを得たこれらの"装飾"は作品のメッセージをよりわかりやすく伝える働きをしています。

装飾パネル へ
 リトグラフ  1902年
四つの星

装飾パネル

夜空に浮かぶ妖精たち

『シリウス自転車』
(1899年) H.グレー

『リグレー・チュウインガム』
(1932年) O.シェパード

『フェルナン・クレマン自転車』
(1894年) パル

『レイヨン・ドール(黄金の光)ランプ』
(1895年) パル

宵の明星
暁の明星
月

『スラヴィア』 1908

北極星

『演劇芸術のアレゴリー』 (ブルノ  モラヴィア国立美術館 蔵)

『クオ・ヴァディス』
(バラ、ユリ)

『宵の明星』

『月』

『暁の明星』

『北極星』

『演劇のアレゴリー』
(ギリシア劇の仮面)

『四つの星』を表現する花の装飾。  左から、カンパニュラ(『宵の明星』)、月桂樹(『暁の明星』)、白ゲシ(『月』)、エーデルヴァイス(『北極星』) 

スラヴィアとジャンヌダルク

四季

黄道十二宮

夢想

花と果物

三季節

四芸術

四つの時

羽根 桜草

Click !

『クオ・ヴァディス』 制作中のミュシャ

『スラヴィア』
(ヒナギク)

『ジャンヌダルク』
(ユリ)

日本の掛け軸  『一 Ichi (One)』
俵 有作(Tawara Yusaku 1932-2004)

四つの宝石

つたと月桂樹

『四つの星』デッサン 『月』

『四つの星』
リトグラフ販売用カバー

『ジャンヌ・ダルク
1909

ジャンヌ・ダルク
Click !
カンパニュラ(宵の明星)
月桂樹(暁の明星)
エーデルヴァイス(北極星)

もどる




装飾パネル へ
シロゲシ(月)