装飾パネル へ

四 季 めぐる季節

装飾パネル

      リトグラフ 1896年

三季節

四芸術

四つの時

羽根 桜草

四つの宝石

つたと月桂樹

四つの星

はじめての装飾パネル
 ミュシャ装飾パネルの第1作。 季節を象徴する連作は1897年と1900年にも作っていて、その他にも下絵だけ残っているシリーズが2種類、春夏冬の三季節を描いたものなどがありますが、第1作のこのシリーズが最も完成度が高く人気もあります。
 最初の四季のシリーズがヒットしたので同じテーマのシリーズを作るよう版元のシャンプノワから何度も要請されました。 当時、ミュシャの連作装飾パネルは1枚10フラン、4枚セット40フランという誰でも買うことができる値段で販売していました。

衣装も髪も
 春夏秋冬それぞれを擬人化した女性のポーズと衣装、しぐさで季節感を表現しています。 髪の色と花のティアラも季節にあわせて変化させていることにも注目してください。
 春は花にかこまれて小鳥たちと歌い交わし、夏のもの憂げで官能的なポーズと視線、葡萄
(ブドウ)と菊を飾った金色に輝く実りの秋、寒さにこごえる小鳥を息で暖めている冬。 いずれも季節の特性を見事にとらえてアール・ヌーヴォーらしい装飾性と象徴的でありながら自然な表現で描いています。
 冬の雪をかぶった木は 日本美術の表現を取り入れていることは明らかです。
めぐる季節
 冬を象徴する女性は 寒さに震える小鳥を手のぬくもりと息で温めています。 「息」 は、日本語でも 「命の気」 につながるように、ギリシア語やヘブライ語でも 「生命」 をあらわします。
 よみがえった鳥たちは、芽ぶきはじめた若枝のハープを奏でる春の女性と歌いかわしています。
 単純に季節を4枚の絵に描いたのではなく、はじめての装飾パネル 「四季」 は巡る季節を描き、ミュシャの循環する歴史観を見ることができます。

右上から 左回りに、春、夏、秋、冬 の順に並んでいます。

もどる





装飾パネル へ
Click !

黄道十二宮

夢想

花と果物