Click !

もどる





三季節

四芸術

四つの時

羽根 桜草

四つの宝石

つたと月桂樹

四つの星

装飾パネル へ

「花 果物」は 秋」
 「花」 と 「果物」 は2点連作装飾パネルの代表作です。 咲き誇る花と たわわに実った果物を胸に抱いた女性は、それぞれ春と秋の寓意
(ぐうい)になっています。 2人の女性の髪の色もブロンドとブルネットと対比させています。
スラヴの夢
 また2人の女性は、春の衣装の装飾、秋は腕につけたアクセサリー、それぞれスラブの代表的な文様を身につけています。 春と秋をあらわす盛りの花と果物、スラブ風の文様などから、ミュシャは2人の女性にスラブの歴史を象徴させていることがわかります。

装飾パネル へ

四季

花と果物

装飾パネル

リトグラフ 1898年

黄道十二宮

夢想