なぜ『三季節』?
 「秋」を除く「春・夏・冬」三つの季節ですが、この絵のテーマはそれだけではありません。
 季節だけでなく、一日の 「朝・昼・夜」の時を表わし、「幼年期・成年期・老年期」という人生の時期、さらに 「チェコの歴史」をも表現しています。
 『三季節』は「白・赤・青」、三つの色彩で構成しています。この「白・赤・青」は多くのミュシャ作品を理解するために大切な色です。
 ミュシャが生まれたチェコをはじめ、ロシアなどスラヴの国には「赤・白・青」三色を国旗にしている国があり「スラヴの三色」とも呼びます。スラヴの三色旗はフランス国旗の「自由・博愛・平等」とは異なる意味を持っています。


 「青」は太古の神秘の時代。スラヴ民族がまだひとつのグループで狭い地域に住んでいた古代を表わし、スラヴ連帯をの意味を持つ色です。

 チェコがヨーロッパの中心だった時期があります。ボヘミア(チェコ)最初の王朝プジェミスル家の血も引くカレル4世(ボヘミア王カレル1世、神聖ローマ皇帝としてはカール4世。一般にはカレル4世と呼ぶ。)が神聖ローマ帝国皇帝の地位にあり プラハを帝都としていた14世紀をさし、チェコではこの中世の栄光の時代を「赤」で表わします。

 ミュシャがこの作品を描いた当時、チェコはオーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下にあり1618 年から280年にわたってミュシャの祖国チェコは存在していませんでした。ミュシャは祖国とスラヴ文化の回復、未来の希望を「白」あるいは「黄色」で表現しています。
三季節
 一年の季節の移り変わりを描くだけでなく、同時に一日の時の流れ、人生の季節、さらにスラヴ民族の歴史を込めてひとつの作品にしているのです。
 ミュシャが「四季」ではなくて「三季節」を描いた理由はそこに あります。

 スラヴ諸国が社会主義だった時代を経た現代では、国旗の色は必ずしもスラヴの歴史を表わす色としていはません。しかし今もロシアをはじめスラヴ民族の国の多くが青・赤・白 (黄)の三色を国旗に採用し、スロヴァキア、スロヴェニアでは公式に「スラヴ民族を象徴する」としています。
贋作?
 「『三季節にはサインがないので ミュシャの作品ではない」と、贋作の指摘をする解説を見かけます。重要な作品なのに『三季節』が紹介されることが少ない原因かもしれません。"夏"の画面内にはっきりとサインがあるにもかかわらず「サインがない」とする間違いは、その解説者が実際の作品に触れることなく図録など印刷図版だけを見て解説しているためでしょう。ミュシャの作品解説によくある間違いです。
  スイスのミュシャ研究家でコレクターのスヴァテック
(Wolfgang T.Swatek von Boskowitz)さんのコレクションには『夏と冬のデッサン』があり、ミュシャの線描の特徴からミュシャの手によるのは明らかです。ミュシャの子息イジー・ムハも確認しており、リトグラフの『三季節』がミュシャの作品であるのは間違いありません。
 「冬」の表現は、1896年の装飾パネル『四季』、『ショコラマッソン・ショコラメキシカンのカレンダー』の「冬」と共通しています。季節、時刻、人生、祖国の歴史などをひとつの作品の中に重ねて構成するのは、ミュシャ独自の表現です。
 
『夏と冬のデッサン』を含むスヴァテックさんのコレクションは一部を除いてほとんど土居君雄さんに譲られ、現在は「旧スヴァテック・コレクション」として土居君雄コレクションに含まれています。

装飾パネル

スラヴ諸国の国旗(現代)
チェコ(上左) スロヴァキア(上右)
ロシア(下左) スロヴェニア(下右)

コピー不可

『夏と冬のデッサン』 スヴァテック・コレクション

四季

黄道十二宮

夢想

花と果物

四芸術

四つの時

羽根 桜草

四つの宝石

つたと月桂樹

Click !

もどる





三季節       1896年 リトグラフ

四つの星