シャンプノワ
 ミュシャのもっとも人気のある作品です。
「黄道十二宮」 は、シャンプノワ社(リトグラフ制作工房・美術出版社)のカレンダーでした。シャンプノワと親しいラ・プリュム芸術出版社がノベルティに使ったことが 「黄道十二宮」 とミュシャの名を広め、ラプリュム社、シャンプノワ社に成功をもたらしました。
実用の装飾
  "黄道十二宮"は、太陽の天球上の通り道"黄道"にある星座にちなむ12の"宮"のことです。「白羊宮」、「金牛宮」など動物の名前が多いことから占星術に使う十二宮図をゾディアック Zodiac
(動物の円盤)と呼びます(ギリシア語で「動物」はゾーン ζώον 、「円盤」をディスコス δίσκος という)
 ミュシャは 「黄道十二宮」 のカレンダーに"時"の象徴を飾りました。1年を表す星座
(宮)、不滅のシンボルの月桂樹、昼を表す"日"と"ヒマワリ"、 夜の象徴の "月"と"ケシ"などです。
 スケッチの段階では月桂樹ではなく、昼と夜を象徴する二人の女性を左右に描き、"日" "月"も女性の顔であらわしていましたが、ビザンティン風の豪華な宝飾の女性をより効果的にするため全体を単純化する方向を選び、スケッチにあった二人の女性像は不滅を表す月桂樹に代えられ、昼と夜も"ヒマワリ"と"ケシ"で象徴させました。
 "流れる髪"はミュシャの特徴、アール・ヌーヴォーらしい曲線の装飾とされています。しかしミュシャはただ飾りのためだけに"髪"描いているのではありません。見る人の注意をビザンティン風のティアラで飾った女性の横顔に集め、渦巻いてのびる髪が視線をカレンダーへ導くという実用的なはたらきをしています。女性をかこむ十二宮もティアラと同様、注意を女性の顔に集める効果があります。実用的な効果を引きだすミュシャのデザイン・テクニックこそ生活の芸術化を理想とするアール・ヌーヴォーの特徴なのです。
異教の女神
 「アール・ヌーヴォーの万博」とされる1900年のパリ万国博覧会は別名 「電気の万博」 でした。 当時、電気は"新しい光"、"新しい動力"として注目されていたのです。 万博会場には電光イルミネーションを飾り、 エスカレーターや電動の歩道が人々を運んでいました。
 ミュシャは万博の公式ガイドブックをデザインし、オーストリア・ボスニアヘルツェゴビナ・パヴィリオンのインテリア・デザインで銀賞を得るなど注目を集めました。ミュシャのパリ万博での活躍はそれだけでなく 「異教の女神」 と題した彫刻を発表して話題になります。女神の頭部には小さな電球が取りつけてあり "新しい光" を輝かせていました。現在は 「ラ・ナチュール
(自然) 」 と呼んでいるこの彫刻は、ミュシャがデザインしてセスという若い彫刻家とピネド・ブロンズ工房につくらせたものですが、「黄道十二宮」 を立体化した造形です。現存する 「ラ・ナチュール」 4体はどれも頭部には宝石を飾っています。
ラ・プリュム
 文芸芸術を象徴する"羽根"
(プリュム 羽根ペンをを表す)を社名にする"ラ・プリュム芸術出版社"の社主レオン・デシャンは、"サロン・デ・サン(百選展)"と名づけた展示スペースを開設して新しい芸術(アール・ヌーヴォー)の普及に力を 注ぎました。
 ミュシャが世に知られるきっかけはサラ・ベルナールのポスター 「ジスモンダ」 でしたが、雑誌やカレンダー、リトグラフの装飾パネルをラ・プリュムやシャンプノワが安い価格で一般家庭に届けたおかげで今日までつながる流行画家になりました。
 ミュシャの才能に早くから注目し作品制作を促したレオン・デシャンこそがミュシャを世界中に広めた育ての親といえるでしょう。

黄道十二宮

ラ・プリュム誌のカレンダー (1896)

Click !

スケッチでは、太陽を手に持つ女性で"昼"を、"夜"は髪がかかって三日月のように見える顔で表し、"昼"と"夜"の象徴としていた。

"異教の女神" と呼ばれていた「ラ・ナチュール」
 黄道十二宮 を立体化したブロンズ彫刻 (1900年)

「黄道十二宮のスケッチ」から

"夜"をあらわす三日月とケシ

"昼"をあらわす太陽とヒマワリ

ラ・プリュム芸術出版社、サロン・デ・サンがあった建物 (左) とレオン・デシャン (右)

四季

夢想

花と果物

三季節

四芸術

四つの時

羽根 桜草

四つの宝石

つたと月桂樹

Click !

ラ・プリュム誌のカレンダー

装飾パネル へ

四つの星

装飾パネル へ
黄道十二宮

どる




リトグラフ 1897年

装飾パネル