装飾パネル へ
「桜草」 「羽根」    リトグラフ 1899年
羽根 桜草 シャンブノワ・カタログ 表紙
羽根 桜草 シャンブノワ・カタログ

「ラ・プリュム誌」

四季

黄道十二宮

夢想

花と果物

三季節

四芸術

四つの時

四つの宝石

つたと月桂樹

四つの星

Click !

連作ではなかった「桜草」と「羽根」
 「桜草」と「羽根」は装飾パネルのなかでもとくに人気があります。2点の連作とされていますが、もともとは別の作品だったものがよく似た画面からセットで扱われるようになったものです。
 女性が香りを楽しんでいるのは桜草でも、画面にはほかの花も描かれています。元は「花(
La Fleur)」 というタイトルだったのが、果物と花の連作装飾パネルが発表されて「桜草」というタイトルに替えられました。「羽根(La Plume)」は羽根ペンをあらわし、文学を象徴しています。絵の意味はそれぞれ別のものですが、造形には"連作"といっていい類似性とコントラストがあります。

シャンブノワ社のカタログから(1900年、右はカタログの表紙)
セットの扱いになっているが、タイトルはまだ「桜草」ではなく「花 (La Fleur)」となっている
装飾パネル へ

もどる





装飾パネル