民族の教師 ヤン アーモス コメンスキー  ― 希望の光 ―

プラハ市民会館壁画(ポストカード)

 コメンスキーは亡命先のアムステルダム近郊ナーデルの海岸で祖国を思いながら終わりの時を迎えようとしています。
 絶望する友人たちと寒々とした風景がそれを表していますが、わずかにさす光と浜辺に置かれたランプの灯が300年の苦難を経て実現する希望を暗示しています。
 この光の表現には、パリでミュシャと教室を共有していたホイッスラーの影響が見てとれます。

プラハ市民会館壁画から

Click !
テンペラと油彩  1918年  405×620 cm

スラヴ叙事詩

ユネスコの思想
 名前は知らなくても
みんな コメンスキー(1592-1670)のおかげで大きくなりました。それは学校教育です。
 みんなが同じ年齢でそろって入学し同じ教科書を使って学び一緒に卒業するという 誰もが当たり前と思っている学校教育の仕組みも教科書もコメンスキーによって「知識をすべての人が共有するため」に考えだされたものです。
 30年戦争
(1618年-1648年)といわれる時代、コメンスキーは知識の共有が戦争を終わらせ ヨーロッパをひとつにすると考えていました。その考えは現代ではユネスコの根本思想となっています。
誕生の前から高齢者まで
 学校教育だけでなくコメンスキーは 出産前の母親教育から死と向き合うための高齢者の心の準備まで生涯にわたる教育全般を体系的に論じました。教科書として書いた世界で最初の子どものための絵入り百科事典「世界図絵」や「大教授法」などの著書
(著者名のコメニウスはラテン語名)でも知られています。“知の迷宮” “迷宮美術館 (NHKの番組)”など複雑で生き生きとした知的探求の魅力を指す“迷宮”も、始まりはクノッソスの迷宮ですが、コメンスキーの代表作「世界の迷宮」によって誰もが知る言葉になりました。
希望の光
 コメンスキーはもちろん比類のない天才ですが彼の知性と平和の希求は戦争の悲惨とチェコ兄弟団
(スラヴ叙事詩「イヴァンチッツェのモラヴィア兄弟団学校」参照)の高い教育によって育てられました。そして彼は非カトリック教徒追放令(1627年)にはじまる自身の亡命流浪の苦難の中から政治も文化も信仰も 国民の権利のことごとくを剥奪されて悲惨な状況にある祖国チェコに向かって“希望”を語り続けたのです。  

ヤン・アモス・コメンスキー

もどる




Click !