スラヴ菩提樹の下で宣誓する青年たち  ― スラヴ民族の目覚め ― 
Click !
ルミール
「スラヴ叙事詩」は未完成 ?
プラハ市民会館壁画

歴史のなかで
 スラヴ叙事詩の中でこの作品は、"現代"つまり19世紀後半から20世紀初頭のチェコを描いています
(前景の 「ルミール」 と背景のスラヴィアは古代または伝説)
 チェコを支配していたオーストリアは、1867年にハンガリーと手を組んで、オーストリア・ハンガリー二重帝国となります。これは、チェコをはじめスラヴ系諸民族の抑圧が前提となっており、チェコでは急進的な青年チェコ党が誕生するなど、対抗運動が起こります。
 この絵は、青年チェコ党員68人が1894年1月に逮捕されたことを踏まえ、青年たちが古代の伝説にならって、スラヴ菩提樹の下でスラヴィアに宣誓をしている場面です。スラヴィアへの青年の宣誓は、同じ頃に制作したプラハ市民会館の壁画でも描いています。 
未完成?
 「スラヴ叙事詩」 は未完成」と言われることがあります。それは、完成後もミュシャが手を入れ続けていたことと、この絵で宣誓する青年たちの顔が描かれてないためです。実際、完成後初となる1928年プラハのスラヴ叙事詩展ではこの作品を除いて、19点だけを公開しました。
 「スラヴ叙事詩」は象徴的な描き方をしています。しかし、登場する人物は、どれもひとりひとりを特定できるほどリアルに描いているのに この作品だけ顔を描いていないのは、ミュシャが人物の特定を避けたからだと考えられます。スラヴ叙事詩が発表された当時、政治家として活躍中の人物も含まれていました。現在見られる「スラヴ叙事詩」では、このようにベタ塗りになっていますが、デッサンでは顔を描いています。ミュシャは、特定を避けるために描かなかったまたは塗りつぶしたのか、未完成だから顔を描いていないのか、はたしてどちらでしょう。
伝説とともに
 前景には、「スラヴ叙事詩展ポスター」の主題にもなった、古代の吟遊詩人ルミールを連想させる、"ハープを弾く少女"と、その音色に耳を傾ける少年を描いています。少女のモデルはミュシャの娘ヤロスラヴァ、少年は息子のイジーがモデルです。
 ヤロスラヴァという名前には「スラヴの春」「スラヴの祝祭」という意味があります。ミュシャは、50才を前にしてはじめて生まれた娘に、彼女の幸せとスラヴの未来の希望を重ねて名づけたのです。

もどる




テンペラと油彩 1926年  405×480 cm

スラヴ叙事詩

Click !