サラ・ベルナール (リトグラフ)

椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展
Click !
シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !
ポスター へ
もどる









ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

ポスター へ
「遠国の姫君」 メリザンドのサラ・ベルナールルフェーヴル・ユティル・ビスケットのポスター)   リトグラフ 1904年

ポスター

ビスケットのポスター
 ビスケット・メーカー、ルフェーブル・ユティル社のポスター。 「遠国の姫君」 のサラ・ベルナールを描き、右下には 「LU
(ルフェーブル・ユティル) ほどおいしいものを私は知らない」 という、サラ・ベルナールの言葉が添えられています。
演劇のポスター
 「遠国の姫君」 は、13世紀の悲恋伝説、 トリポリの王女メリザンドとフランスの騎士ジョフロワの物語をもとにしています。エドモン・ロスタンが、サラ・ベルナールのために戯曲を書いて、1895年の初演で大成功をおさめ、彼女の当り役となりました。 ミュシャは、この芝居の舞台美術、衣装をデザインし、とくにメリザンドの頭を飾るユリのティアラは、サラ・ベルナールのシンボルになりました。
ユリのティアラ
 百合のティアラをつけたメリザンドの姿は 「ポスター:サラ・ベルナール」 でも描かれていて、サラ・ベルナールのトレードマークのようになりました。
 真珠をちりばめたティアラは、現存しています。ミュンヘンの劇場博物館
(1994年)とニューヨークのユダヤ美術館(2005年)の「サラ・ベルナール展」に出品して、話題になりました。

左から 「ウミロフの鏡」(1904 土居コレクション) 部分、「冬 連作四季」(1896)部分、「夜明け」(1899)部分

「遠国の姫君」ポスターの原画 (油彩)(1903年)
「遠国の姫君」 ユリのティアラと 舞台衣装姿のサラ・ベルナール (1895年)
サラ・ベルナール
ロワンテーヌ姫のティアラ
ポスター・サラ・ベルナール
Click !