ウェイヴァリー自転車
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
遠国の姫君

強壮ワイン
 ワインには赤、白、ロゼなど通常のワイン以外に発泡ワイン、強壮成分を含む薬用ワインなどがあります。コカの葉のエキスを配合した「インカのワイン」は薬効成分とアルコールを添加した酒精強化ワインにあたります。 ミュシャの「来る年」カレンダーをアレンジして宣伝ポスターに使ったマリアーニ・ワイン も コカと アルコールを添加した強精ワインです。マリア―ニ
(Angelo Mariani 1834-1914)はペルーから16世紀に伝わり当時は麻薬とされていなかったコカの葉をワインに入れて1875年から売り出しました。愛飲者のローマ法王からメダルを授与されるほど大成功したといわれています。
  "マリアーニのコカワイン"をそっくりまねて売りだしたコカ・コーラも発売当初は数多くあった強壮飲料のひとつだったのですがアメリカで禁酒と麻薬撲滅の機運が高まるとワインを炭酸水に変え麻薬成分のコカを除いてさわやかな少女のイメージポスターで清涼飲料として宣伝したところ爆発的に売れるようになったといわれています。
コカの精
 横たわる女性はコカの精です。頭の後ろにはたくさんの葉をつけたコカの枝を光背のように描いてコカの精に注目させるミュシャのデザインです。若返りの妙薬"インカのワイン"を老インディアンがコカの精からもらおうとしています。
万国博覧会
 1851年にロンドンで万国博覧会を開いて以来各地で万博が開開催され19世紀後半は急速に世界が広がった時代でした。パリでは1855年、1867年、1878年、1889年、1900年と19世紀後半に5回も開催しています。
 “インカのワイン”というネーミングもこのポスターもそのような"万国博覧会の時代"の反映です。ただし南米のインカと北米のインディアンの区別まではまだ一般の人々には認識されていなかったようです。

マリアーニ・強精ワインのポスター
 ミュシャデザインを流用したもの(左)とジュール・シェレのポスター (右)

コカ・コーラのポスター 1917

Click !
椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット

ポスター

インカのワイン    1899年 リトグラフ

コカの葉をバックに横たわるコカの精

ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展
シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

もどる


ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター