トゥールーズ
 ミュシャは、ルメルシエ印刷所でジスモンダのポスターを制作して、幸運を手にしました。しかし、その後フランスでは、ほとんどのリトグラフをシャンプノア印刷所で制作しています。わずかな例外が、カミ印刷所 ( 「リュション」 「愛人たち」) と このカサンフィスのポスターです。
 カサンフィス印刷所は、パリではなくフランス南西部の古都 トゥールーズにあります。
 トゥールーズといえば、画家のアンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック。名前からもわかるように、彼はトゥールーズ伯爵家の生まれです。ミュシャと並ぶ最高のポスター作家ロートレックは、サロン・デ・サンや石版画展を通してミュシャと交流がありました。
 トゥールーズは建築用の石材が近くにないため、多くの建物はレンガ造りです。レンガの色のせいでバラ色の都とも呼ばれます。また、近世になって藍染めが盛んになりました。このポスターの色調には、そのような背景が影響しているかもしれません。
ミューズ
 ポスターには印刷機を操作する男性と、刷り上ったリトグラフを手にする女性が描かれています。この女性は、髪に月桂樹を飾っていて、芸術の女神クリオであることがわかります。ギリシア神話の9人のミューズ
(ムサ)の一人、クリオ(クレイオ)は歴史の神でしたが、いつしか芸術の女神、美の女神に変わってきました。
 ポスターは、印刷機から次々と刷り上るリトグラフを、芸術の女神クリオが祝福しているところです。
ギリシア語の"クレイオ"には、祝福する、名声を得るという意味があります。
神の目
 背景の枠には、三角形ともハート形ともとれる形に描いた目が並んでいます。おそらくこれは、「プロヴィデンスの目」といわれる、「すべてを見通す神の目」をあらわしているのでしょう。ミュシャは、「主の祈り」などほかの作品でも、プロヴィデンスの目を描いています。
 フリーメイソンのシンボルともいわれる この目は、プラハのロッジ
(フリーメイソンの支部)に属していたミュシャとフリーメイソンの係わりをうかがわせます。
 プロヴィデンスの目は、アメリカのドル紙幣にも描かれています。アメリカ建国とフリーメイソンの関係ともいわれますが、キリスト教国家アメリカへの神の祝福と神の摂理をあらわしているのでしょう。

「リュション」、「愛人たち」、「オム・デコール」

「カミ印刷所」のポスター

Click !
(リトグラフ工房)

「カミ印刷所」(1900年)
A.ギョーム
Albert Guillaume
1873-1942)

「カミ印刷所」(1897年)
A.ギョーム、 F.タマーニョ
Francisco Tamagno
(1851-1933)

「リュション」(1895年)

「愛人たち」(1895年)

 ルメルシエ印刷所を離れたあとシャンプノワ印刷所と契約するまでの間の1895年に、ミュシャはカミ印刷所で2点のポスターと装飾画1点を制作した。カミ印刷所は、シャンプノワなどと並ぶ大手のリトグラフ工房。A.ギョームらが制作した2点の「カミ印刷所」のポスターには、ミュシャの「カッサンフィス印刷所」と同様、ミューズとリトグラフ印刷機でカミ印刷所の芸術性と技術力をアピールしている。
 右は、ミュシャがカミ印刷所で制作した「愛人たち」、「リュション」のポスターと装飾画「オムデコール」。

「オムデコール」
(1894年)

Click ! 画像をクリックすると拡大表示します。

もどる





椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
Click !
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

カサンフィス印刷所をデッサンするミュシャ

「カサンフィス印刷所」販売用ポスター
ココリコ誌(1899年)

アメリカのドル紙幣から

「主の祈り」 (扉)

主の祈り 扉

「主の祈り」から
(90度回転させています

主の祈り プヴィデンスの眼

カサンフィス印刷所      1897年 リトグラフ

ポスター