ウェイヴァリー自転車      1898年 リトグラフ

ポスター

Click !

「寄せ集めのミュシャポスター

もどる






椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
Click !

クレマン自転車  1900年 作者不詳

アメリカの自転車
 
19世紀末、若い女性たちの間で自転車が大流行して、自転車は、新しい時代の活動的な女性のシンボルになりました。
 "ウェイヴァリー"は、アメリカの自転車会社です。当時、ヨーロッパでは、アメリカは誕生わずか100年の新興国と見ていました。ミュシャは、新興アメリカのポスターに、ギリシア・ローマ神話のイメージを与え、伝統と信頼のイメージに変えました。
ヴィーナス

 ウェイヴァリー自転車の女性は、右手に月桂樹の枝を持ち、ハンマーを置いた鉄床
(かなとこ)に左ひじをついています。鉄床は、ギリシア神話の火と鍛冶の神ヘファイストス(ローマ神話ではウルカヌス)の象徴です。燃える火を思わせる背景の赤、鍛冶の仕事着も、ヘファイストスを思わせ、"月桂樹"と"工具"が優れた技術の伝統をアピールしています。
 ヘファイストスの妻は、アフロディーテ
(ヴィーナス)です。ポスターの女性は、ヴィーナスを連想させる月桂樹を手にしています。ヴィーナスは、美しく活発な女性のイメージにもつながります。
月桂樹
 
神話のイメージだけでなく、月桂樹の枝にはデザイン上の重要な役割があります。
  ポスターを見る人は女性の顔から月桂樹へ目を移動し、さらに、月桂樹の葉から上に向って WAVERLEY の名前を読んで記憶します。「ジスモンダ」のシュロの葉、「サロン・デ・サンでのミュシャ展」の髪と同じように、"見る人の目を商品名へと導く" ミュシャのデザイン・テクニックです。
 ミュシャがポスターで成功したのも、サラ・ベルナールがミュシャと専属契約を結んだ理由も、絵の美しさよりも、ポスターの役割と効果を熟知したミュシャの巧みなデザイン力にあった
のです。

カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展

ミュシャのポスターと同様、月桂樹がタイトルの文字へ導くデザインです。画面ではわかりにくいですが女性は右手に月桂樹と製図用具のコンパスを持っています。技術を宣伝するのもウェイヴァリー自転車のポスターと同じです。