目がとらえる
 こちらを見つめる少女の目が印象的なポスターはミュシャ自身の2回目の個展のポスターです。口もとを手でかくしているためポスターを見る人の注意はより強く目にひきつけられます。
 2月のボディニエール画廊に続いて6月にラ・プリュム芸術出版社の画廊「サロン・デ・サン」で開いた個展でミュシャは油絵、パステル、デッサン、リトグラフなど448点もの作品を展示しました。
 「サロン・デ・サン Salon de Cent」は直訳すれば「100のサロン」、百選展という意味です。 日本でもデパートの催しなどに○○百選展とか○○百選街と銘うつのは、この「サロン・デ・サン」の名前からはじまったものです。
髪が導く
 少女の目にとらえられた人の注意は、目から少女が手に持つ紙のハートと輪の模様、さらに長く伸びる髪に導かれてミュシャの展覧会がボナパルト通りで開催していることを知ります。ポスターの前をたまたま通りかかった人の注意を引きつけてポスターの情報を伝える優れたデザインです。
 少女はチェコの民族衣装と頭飾りをつけています。人気が高まるとともにそのエキゾチックな美しさから"ミュシャ"とは誰か?何国人だろう?と人々の関心を集めていました。少女の頭にモラヴィアの野に咲くひな菊を飾ってミュシャは自分がモラヴィア出身のチェコ人であることを明らかにしたのです。
 ハートとまわりの3つの輪は当時からルグランはじめいろいろな解釈で注目を集めました。あざみ、茨の輪、ハート はキリスト教的なシンボルですが、ミュシャにとってはスラヴ連帯の運動「ソコル」をあらわしており、ミュシャの描くハートはチェコの国の木、スラヴ菩提樹のハート形の葉をあらわしています。
「明星」 にも
 このポスターのデザインは与謝野晶子が活躍していた雑誌 「明星」 が第7号
(1900年)の挿絵にとりいれ、その後もたびたび使っています。与謝野鉄幹も「明星」のデザイナーも、このポスターのすぐれた効果をよく理解していたからでしょう。ただし明星の挿絵はオリジナルのポスターとはデザインの重要なポイントに違いがあり、明星のデザイナーたちはポスターではなく「ラ・プリュム誌」のミュシャ特集号(1897年)を参考にしていたことがわかります。
ポスター へ
椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展
Click !

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

「サロン・デ・サンのミュシャ展」デッサン
(ラ・プリュム誌より)

「与謝野晶子とミュシャ」展ポスター
(2006年)
与謝野晶子文芸館
アルフォンス・ミュシャ館

手島精一氏の年賀状
(1903年)

「明星」第7号の挿絵 (1900年)
"一筆啓上"は鉄幹が執筆するコラム

ハートの形をしているスラヴ菩提樹の葉。スラヴ菩提樹はチェコの国の木に指定されている。

頭にヒナギクを飾り 三つの輪のあるハートとスラヴ菩提樹を持つ少女
ブルックリン美術館のミュシャ展 カタログ表紙より 1921年 (部分)

1897年2月にミュシャがはじめての個展を開いたボディニエール画廊も第一線の画家たちが展覧会を開く当時のパリではよく知られた画廊だった。

ボディニエール画廊スタンラン個展 1894年
  T.A.スタンラン(1859-1923)

口もとを隠して視線をモデルの目に集め、注意を商品に導くポスターデザイン。
 資生堂アートディレクターとして広告デザインに一時代を築いた中村誠(1926-2013)さんはミュシャがお好きだっただけでなく、ミュシャのデインを深く理解しておられました。

資生堂ネイルアート・資生堂フレッシュアイズ 1973年 (左)
資生堂 練香水 "舞" 1984年 (右)
アート・ディレクター 中村誠 写真 横須賀功光

ポスター へ

もどる




サロン・デ・サンのミュシャ展

ポスター

リトグラフ 1897年

サロン・デ・サンがあった現在のパリ ボナパルト街 31番地