サマリアの女        1897年 リトグラフ

ポスター

イースター
 「サマリアの女」 は聖書(ヨハネの福音書第4章)に題材を得た受難劇です。初演は1894年のイースター(キリストの復活祭)にあわせて4月14日から上演しました。
 「テオドラ」、「遥かな国のプリンセス」などの戯曲をサラ・ベルナール
(Sarah Bernhardt 1844-1923)にささげた劇作家エドモン・ロスタン(Edmond Rostand 1868-1918)による戯曲です。ロスタンの戯曲では 「シラノ・ド・ベルジュラック」 が有名です。
 また、近代フランス音楽をリードしたガブリエル・ピエルネ
(Gabriel Pierne 1863-1937)が劇音楽を作曲しています。
サマリア

 "サマリア"はパレスティナの一地方の名で現在のイスラエル中部、ガリラヤと南ユダヤの間にあります。サマリアの人々はユダヤ民族に属しますが紀元前5世紀頃にユダヤの主流から離れ、ほかのユダヤ人たちとは歴史的にたがいに反目しあっていました。
 ですからイエスがサマリア地方に通りかかり、のどが渇いてサマリアの女フォティーヌに水を求めたとき断られても仕方ないはずでした
(イエスはガリラヤのユダヤ人です)。 しかしフォティーヌはイエスに水を与え、サマリアの人々をイエスの教え(キリスト教)に改宗させたのです。 「サマリアの女」はこの"奇跡"と「ルカによる福音書」にある"善きサマリア人"のたとえ話をテーマにしています。
ヘブライ
 古代パレスティナを舞台にした宗教劇なのでフォティーヌを囲む円には星とともにヘブライ文字で「ヤハウェ
(神の呼び名、ポスターが作られたころはエホバと発音していた。)」と書かれています。タイトルの「サマリアの女」だけでなく「ルネッサンス劇場」、「サラ・ベルナール」などの文字もヘブライ文字風の書体で書いています。
 左下の人物はイエスだとも言う人もいますが、 おそらくは盗賊に襲われ"善きサマリア人"に助けられる傷ついた旅人でしょう。ミュシャが1892年に撮影した写真の中に同じような格好のものがあり、この人物とポーズがよく似ています。この写真が「サマリアの女」のポスターのデッサンに使ったものか、撮影時期が離れており、たまたま似ているだけなのかよくわかっていません。
 サマリアの女が手を置いている壺はオリーブ油かワインの容器です。聖書に「オリーブ油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして
(サマリヤ人を)介抱した」とあって、どちらも傷を治す薬でした。
 「サマリアの女」の下絵ではこの壺に縦長のハートのような文様が描かれていました。フォティーヌの心を表すとともにワインやオリーブオイルの容器"アンフォーラ"をイメージさせようとしたのでしょうが、おそらく、文様があるとポスターの効果という面で、壺の役割が半減してしまうと判断して文様をなくしたのでしょう。。

Click !
Click !
Click !

「サマリアの女」上演台本

「サマリアの女」上演台本

椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君

もどる




ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris