サマリアの女        1897年 リトグラフ

ポスター

イースター
 「サマリアの女」 は聖書(ヨハネの福音書第4章)に題材を得た受難劇です。初演は1894年のイースター(キリストの復活祭)にあわせて4月14日から上演しました。
 「テオドラ」、「遥かな国のプリンセス」などの戯曲をサラ・ベルナール
(Sarah Bernhardt 1844-1923)にささげた劇作家エドモン・ロスタン(Edmond Rostand 1868-1918)による戯曲です。ロスタンの戯曲では 「シラノ・ド・ベルジュラック」 が有名です。
 また近代フランス音楽をリードしたガブリエル・ピエルネ
(Gabriel Pierne 1863-1937)が劇音楽を作曲しています。
サマリア

 サマリアは今はヨルダン領になっているパレスティナの一地方です。サマリアの人々はユダヤ民族に属しますが紀元前5世紀頃からユダヤの主流から離れ、ほかのユダヤ人たちとはたがいに反目していました。
 ですからイエスがサマリア地方に通りかかりのどが渇いてサマリアの女フォティナに水を求めたとき断られても仕方ないはずでした
(イエスもユダヤ人です)。 しかしフォティナはイエスに水を与えサマリアの人々をイエスの教えに改宗させた(キリスト教徒にした)のです。 「サマリアの女」はこの奇跡をテーマにしています。
ヘブライ
 古代パレスティナが舞台の宗教劇なのでフォティナを囲む円には星とともにヘブライ文字でヤハウェ
(神の呼び名、エホバと呼ぶこともある。)と書かれています。そのほかルネッサンス劇場、サラ・ベルナール、サマリアの女などの文字もヘブライ文字風の書体で書いています。
 左下の人物はイエスだとも言う人もいますがはっきりしたことはわかりません。 またミュシャが1892年に撮影した写真の中に右のものがあり、この人物とポーズがよく似ています この写真がサマリアの女のポスターのデッサンに使ったものか、たまたま似ているだけなのかよくわかっていません。

「サマリアの女」上演台本

椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
ムース川のビール
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展
Click !
シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

「サマリアの女」上演台本

Click !

もどる




ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター