ルフェーヴル・ユティル社は、“リュ LU”の愛称で、100年以上親しまれてきたフランスのビスケット・メーカーです。ジャン・ロマン・ルフェーヴル(1819-1883)ポリーヌ・イザベル・ユティル(?-1920)の二人が、1846年(弘化3年)にフランスのナントで創業し、二人の名前をあわせて社名にしました。後に2人は結婚し、息子のルイ(1858-1940)の代からは、"ルフェーヴル・ユティル"と姓をあらためています。広告の力をよく理解していたルイは、ブィッセ、ミュシャ、カッピエルロなど、第一級のグラフィックデザイナーを起用して、"LU"を宣伝しました。
 1986年に、ルフェーヴル・ユティル社はダノン社に買収され、さらにダノンがクラフト社に吸収されたため、社名はなくなりましたが、“LU”ブランドのビスケットは今も販売しており、フランスだけでなく世界各地で人気があります。
カレンダー
 小麦色のビスケットを勧めるポーズの女性が描かれた、ミュシャらしい美しいポスターですが、このポスターは、ノベルティ用の
1897年カレンダー(1896年制作)を流用したものです。
 実は、ルフェーヴル・ユティル社は、カレンダーを制作した当初にも、このデザインをそのままビスケットのポスターに改作していました。カレンダーの数字部分を空白にしただけだったため、そのポスターには、カレンダーの年号"1897"の数字が残っています。
 
1900年にLU社がふたたび改作したこのポスターは、カレンダーの枠内も作り変えてゴーフルなど他のLU社製品を宣伝するポスターとしました。しかし、タイトルは元のカレンダーのままになっているので、一般には“ルフェーヴル・ユティル・ビスケットのポスター”とよんでいます。
ヒナゲシと麦
 "鎌
カマ"と"麦"模様の衣装を着た女性が描かれています。麦は、もちろんビスケットの原料が小麦だからですが、フレームが右上からぐるりと伸びて形づくる"L"、"U"の文字とあいまって、曲がった鎌の形が「ルフェーヴル・ユティルLefevre-Utile」の"U"の字に見えます。鎌 、ヒナゲシ、麦は、ローマ神話の農業と復活の神"ケレス(ギリシア神話ではデメテル) "のシンボルでもあるので、ミュシャが、"LU"のビスケットを神話のイメージと結びつけて、デザインしているのがわかります。
ビスケットの形
 ミュシャは、LU社の1896年当時の新しいビスケットの形をイメージして、カレンダー部分をデザインしています
(左の部分図 参照)しかし、1900年の改作ポスターでは、ヴァニラ・ゴーフルのイメージを打ち出しているため、残念ながらミュシャのデザイン意図とは少しズレてしまいました。
 LU社は、ビスケットが均一においしく焼けるようにと、ビスケットそのもののデザインを工夫して生産効率を上げ、広く販売しました。このビスケット型は、世界中のビスケット・メーカーに取り入れられ、日本でもビスケットといえばこのデザインを思い浮かべる方が多いでしょう。

チェコ時代 へ

ルフェーヴル・ユティルのビスケット
(ブルターニュ公爵城 Château des ducs de Bretagne)

ルフェーヴル・ユティル・ビスケット生地の抜型
(ブルターニュ公爵城ナント歴史博物館 Château des ducs de Bretagne Musée d'histoire Nantes)

ルフェーヴル・ユティルはビスケットの形を大切にするメーカーだった。多様な商品を開発し(左)、ていねいにデザインしていた(中)。この形は今も続いており、LUブランドだけでなく世界中のビスケットメーカーがとりいれている。

LUビスケットのポスター
R..サヴィニャック  (1988年)

LUビスケットのポスター
F.ブイッセ   (1897年)

椿姫
ロレンザッチオ
メディア
サマリアの女
トスカ
ハムレット
カサンフィス印刷所
サロン・デ・サン第20回展
ランスの香水ロド
ジョブ
サラ・ベルナール
サロン・デ・サンでのミュシャ展
モナコ・モンテカルロ
トラピスティーヌ酒
ウェイヴァリー自転車
遠国の姫君
ズデンカ・チェルニー
ブルックリン美術館のミュシャ展

LUビスケットのカレンダー

Click !
ムース川のビール
シガリロ・パリ Los Cigarillos Paris
Click !

「ケレスのダイアモンドティアラ」(19世紀前半)
Albion Art Jewellery Institute
アルビオンアート・ジュエリー・インスティテュート蔵

「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」
ジャック=ルイ・ダヴィッド1808年 ルーヴル美術館蔵(部分)

LUビスケットのポスター下絵
R.グリュオー (1989年)

 1804年12月2日に、パリ、ノートルダム大聖堂で行われたナポレオンの皇帝戴冠式で、ナポレオンの妹ボーリーヌがつけていた「ケレスの麦の穂のダイアモンドティアラ」。戴冠式でボーリーヌは、皇妃ジョゼフィーヌの裳裾(もすそ)を持っていて、その姿はダヴィッドの「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」(下)に描かれている。
 ナポレオンの戴冠式以降、ヨーロッパの貴婦人たちの間では"豊穣の女神ケレス"、また春を象徴する「麦の穂のティアラ」が大流行した。
麦を頭に飾り鎌を持つ「ケレス(夏)」(部分) 1712年 A.J. ヴァトー (1684-1721)
ワシントン・ナショナルギャラリー蔵

もどる




チェコ時代 へ

ミュシャ・コラム
「寄せ集めのミュシャポスター

LUビスケットのカレンダー (左 1896年) と
LUビスケットのカレンダー (右 1896年)

Click !
Click !

ポスター

ルフェーヴルユティル・ビスケット    リトグラフ 1900年